0-知的生産の技術

「QuickTime Player」で執筆動画を撮影する

以前、執筆動画を公開しました。

R-style » 「writingの現場」を公開します。

面白かった人にとっては面白かったようで(トートロジー)、作ったかいがありました。

ちなみに、『数学ガール』シリーズの結城浩先生も執筆動画を公開されています。

「数学ガールの秘密ノート」執筆動画 – YouTube

こうなると、他の人の執筆動画も見たくなりますね。

というわけで、今回はこうした動画の作り方・アップロードについて紹介します。

さつえい

といっても、使うのはMacだけです。

何かしらエディタを開いた上で、「QuickTime Player」を起動します。しかるのちに、メニューの「ファイル」から「新規画面収録」を選択。これはようするに、画面キャプチャーの動画版です。

screenshot

赤ポッチのボタンを押せば、動画撮影の一歩手前までいきますが、その横にある小さい矢印をクリックすれば、マイクやマウスクリックの位置の表示などが設定可能です。少し確認しておきましょう。

赤ポッチをクリックすれば、次のような表示が出てきて、いよいよ動画撮影です。エディタだけを録画したいのか、画面全体を録画したいのかで使い分けてください。

screenshot

録画が始まれば、あとはキビキビと書いていくだけです。「執筆動画」なので、下書きした文章をエディタで清書するのはちょっとつまらないですね。普段書くとおりに書いていきましょう。

「これでよし」と思ったら、メニューバーに録画停止ボタンがあるので、それをぽちっとすれば録画が終了し、動画ファイルが生成されます。あとは、それに何か適当な名前を付けて保存すれば、動画は完成です。

screenshot

あっぷ

そうして完成した動画を、たとえばiMoveなどで修正する手もありますが、私はそのままの状態でYoutubeにアップロードしました。

Youtubeへのアップロードは、非常に簡単なので説明は省略しておきます。

screenshot

Youtubeではアップロードした動画に編集を加えられるので、そこで私は「2倍速」に設定しました。さらに加速を求めることもできます。テロップなどもこのタイミングで入れられます。

さいごに

おそらく細かいテクニックはいろいろあるのでしょうが、今回は一番シンプルな方法を紹介しました。

今後、執筆動画をアップロードする人が増えてくるような奇特な事態になれば、そのあたりのノウハウも集積されていくにちがいありません。

個人的には第二、第三の「writingの現場」撮影を考えておりますので、どうぞご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です