Evernoteの使い方

Evernoteにあったらアンビリバボーな機能3つ

あらかじめお断りしておきますが、ただの妄想です。

ただ、Evernoteを情報のベースキャンプと位置づけ、一日中ずっと使っている私からすると、「こういう機能があったら……」と強く感じないではいられないものがいろいろあるわけです。

たとえば、以下の三つ

  • リスト下位項目のHide
  • 拡張型ノートリンク
  • wiki型ノート作成

リスト下位項目のHide

Evernoteでは、箇条書きリストを作成可能です。しかし、これはアウトライナー的機能ではありません。単なる文字装飾です。

できることならば、こうして作成したリストをアウトライナーのように操作してみたいものです。が、それはEvernoteの仕事ではないのかもしれません。役割分担は大切です。

が、しかし。100歩譲って下位項目をHideするくらいなら領域を侵さないのではないでしょうか。

screenshot

screenshot

巨大なリストを作ると、どうしてもノート全体が見づらくなってしまいます。それは避けたい。ボタン一つで、表示・非表示を切り替えられたら……。そんな妄想を抱かずにはいられません。

拡張型ノートリンク

ノートリンクはかなり>大変>おおいに便利な機能です。

しかし、現状のノートリンクはただのリンクです。その一番の問題は、リンクを踏んでみないと、リンク先のノートの内容がさっぱりわからない、という点にあります。ノートタイトル頼みなんですね。

たとえば、以下のようなノートリンクを作れたらどうでしょうか。

screenshot

いかにも「情報を参照している」という感じがしますね。こういうノートが作れたら、複数のノートから情報を集めるような、そんなノートも作れるかもしれません。

ちなみに、上のサンプルはコンテキストで表示される「日本経済新聞 電子版」の引用スタイルをパクってみました。

wiki型ノート作成

再び書きますが、ノートリンクは便利です。ノートとノートを接続する大切な存在です。

しかし、Evernoteにパタパタと書いていると、いささか困る自体が生じます。

  • Evernoteのノートに何かをパタパタと書き進める
  • 今書いているものと関係するけど別の話題を思いつく
  • それもEvernoteに書き留めたい
  • そして、このノートとリンクさせておきたい

という場合、別のノートを新規作成し、そこに何かしらを書いて、お互いのノートにお互いのノートリンクを貼り付ける、という手間がかかります。非常に煩わしい手間です。

だったら、たとえば以下のような特殊な表記を使い、

screenshot

パシーンとリターンキーを押せば、

screenshot

以上のように変換され、そのリンクを踏めば、真っ白なノートに参照先のノートリンクだけが記載されたノートが新規作成されている、というような状況が生まれればアンビリーバボではないでしょうか。

ようするにwiki記法ですね。この機能があるだけで、どんどんEvernoteに情報を記録したくなってきますし、ノートリンクでの接続が密になってきます。でもって、将来的にはそういうつながりが多いほど、ノートの「有効活用度」はアップするはずです。

さいごに

以上、私が妄想している「新機能」を3つ挙げてみました。他にもいろいろあるのですが、以上の3つはわりに切実です。

特に3つ目ですね。3つ目。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です