BlogArts

広告ブロック後のセカイ

iOS9に、「広告ブロック」なる機能があるらしい。正確には「コンテンツブロッカー」という痛み止めの薬のような名前の機能である。

この機能で、AppStoreに並んでいる「コンテンツブロック」機能を持つアプリを指定すると、その効果がSafariに現れるという。つまり、iOSのSafariでWebを閲覧するときに、広告を表示させないようにできるわけだ。

どんなアプリを指定するかによって、表示抑制のパターンは変わってくるだろうが、とりあえずWeb記事中にある広告画像などが対象になっていくことは間違いない。

はたして広まるか

正直、技術的な話は全くわからないので、今後こうした機能がどのように展開していくのかはわからない。見事に広告をブロックできるようになるのかもしれないし、あるいは表示と表示抑制のいたちごっこが始まるのかもしれない。

ただし、何かしらの変化が生じるにしても、今すぐというわけではないだろう。なぜならば、この「コンテンツブロッカー」がデフォルトの機能ではないからだ。上に書いたようにいくつかの手順を踏む必要があるし、そもそもアプリを購入しなければならない。敷居は高い。

また、そもそもとして「コンテンツブロッカー」に関する知識を得る必要もある。知識があって、行動が生まれるのだ。

しかし、その知識はどれだけ広がるだろうか。仮にあなたが広告で収入を得ているウェブメディアを運営していたとしよう。そのとき「コンテンツブロッカー」に関する記事を、喜んで書くだろうか。いささか難しい。では、「コンテンツブロッカーの影響を受けない広告表示のやり方」に関する記事だったら。これは書きやすい。

それぞれは等価ではない。バイアスがかかっている。

もちろん、私の見方は穿ちすぎているのかもしれない。

広告を主体とするメディアでも、「有益な情報は広めるべき」という信念に基づいて、自メディアの利益を欠損する内容であっても、意欲的に広めるということは十分ありうる。それに、記事からアプリが売れれば儲かるわけだ。そうなれば、人々はどんどんアプリを買い、広告をブロックするようになるかもしれない。

このあたりは不確定な要素が多すぎて、どうにもつかみ所はない。

ただ一つはっきりしているのは、Webを閲覧している人の中に「広告画像を表示させたくない」という人が一定数存在する、という事実である。

メディアと広告と

メディアの歴史は、広告の歴史である。

というのはさすがに言い過ぎだが、情報メディアは広告と寄り添って歩いてきた。テレビにもCMが入るし、新聞や雑誌にも広告ページがある。珍しい風景ではない。そして、広告が掲載されるからこそ、そのようなメディアは存在できると言ってもよい。スポンサーがメディアを支えてきたわけだ。

その点を踏まえると、Webの広告を遮断するのはいささかいびつな思想にも思える__のだが、はたしてそうだろうか。

広告、という点において、たとえばテレビCMとWebの広告は同じだろうか。

私は同じとは思えない。少なくとも現状のWeb広告の仕組みは決まり事が少なすぎるように思える。あまり書くのもなんだが、ときに「そっち系」の漫画__どっち系かはご想像にお任せする__の広告が目に入るときがある。あまり見たくないのだが、スマートフォンだと画面が小さく、また顔との距離が近いため、どうしても目に迫ってくる。これはいささかうっとうしい。

スマートフォンは私たちにとって日常的ツールである。いつも持ち歩くことを考えれば、テレビよりもその日常性は高い。であれば、本来そこに載る広告はテレビ以上に気をつけて扱われてしかるべきではないだろうか。で、今そのような形に仕組みはなっているのだろうか。そのあたりに不安がある。

また、コンテンツとまったく脈絡がない広告表示にも困る。

たとえば、明らかにMacしか使っていませんよねこの人、というブログを読んでいるときに、たまたま私がさっきVAIOについて検索していたがために、そのブログ記事にVAIOの広告が表示されたりすると、洋間にしゃちほこを持ち込んだくらいの違和感がある。信用が失われるとまではいかないが、どうにも落ち着きの悪さは隠せない。

加えて誤操作の問題だ。タップするつもりもないのにタップしてしまうと、異様なくらいイライラしてしまう。そのイライラは、ほとんど八つ当たりなのだが、広告対象に向いてしまうことだってありうるだろう。

こうして考えてみると、現状のWebの広告は、あまりWin-Winの関係にはなっていないし、三方良しにもなっていない気がする。せいぜい『7つの習慣』でいうところの、低い次元の妥協といったところだろう。

雑誌化したWebとその将来

『ブログを10年続けて、僕が考えたこと』でも触れたが、最近のWeb(特にブログ)メディアは、雑誌化している。言い換えれば、雑誌メディアが提供していた情報を、断片化しWebに載せているメディアなのだ。

おかげで雑誌メディアは衰退し、Webメディアが隆盛した。メディアの交代が行われつつあるわけだ。

しかしながら、そんなに単純なものではないのかもしれない。

広告がパッケージされたメディア、という在り方そのものが金属疲労している可能性もある。だとすれば、雑誌メディア__特定の会社という意味ではなく、そういう情報を発信する主体という意味__はWebメディアに移行することで一息つくことができた。しかしそれは単に一時しのぎに過ぎないのかもしれない。

iOSの「コンテンツブロッカー」が成功するかどうかは別として、メディアの将来は、広告のパッケージとは違う方向を向いている可能性がある。SNSが明らかにしているように、現代で力を持つのは発信者ではなく受信者である。その受信者が潜在的に「広告」を嫌っているのならば、メディアの方向もそちらに寄り添うことになるだろう(ビッグブラザーが登場しなければ、という仮定がつくが)。

もちろん、私はずっと先の話をしている。一年や二年で何かが大きく変わるとは思えない。ただし、物事は線形には進んでいかない。閾値を超えれば、一気に大きなシフトが起こりえる。その荒波をライドできるかどうかは、準備と心構えができているかに依るだろう。

キモチのシフト

ウェブとコンテンツと受信者の、比較的穏やかな関係は、もちろんスポンサーが支えてきた。

受信者の多くは「できれば、お金を払いたくないキモチ」を持っている。しかし、あらゆるメディアには運営コストがかかる。誰かがそのコストを支払わなければならない。それがスポンサーだ。もちろん、スポンサーは純粋な貢献の気持ちだけでなく、それなりの見返りを期待してる(でなければ、稟議は通らない)。

テレビや新聞や雑誌は、広告をうまく使ってきた。が、それらのメディアは、現状あまりふるっていない。少なくとも最盛期の力は有していない。その背景にあるのが何であるのかをここで論考する余裕はない。ただ、一つの鍵になるのは「できれば、お金を払いたくないキモチ」にあるような気がする。

これまでのスポンサー広告制度は、「できれば、お金を払いたくないキモチ」を回避する仕組みになっていた。それは言ってみれば、視聴者の疎外である。彼らが何であるのかはメディアには特に関係がない。測定されるのは、単に広告効果だけである。視聴者はただ視聴者だけであることが求められていた。

そこには、コミットがまったく存在しない。テレビを見ているのは、哲学ゾンビでもBotでも構わないのだ。

社会が変化し、基本的な欲求が満たされるようになると、人間の欲求も変化する。そこでは、何かにコミットする感覚が切望される。その感覚に既存の情報メディアは対応できているのだろうか。言い換えれば、「できれば、お金を払いたいキモチ」にさせられるようなものを生み出せているだろうか。

さいごに

「コンテンツブロッカー」から始まって、妄想をたくましく膨らませてみた。もちろん、こんなものは全て戯言で、これまでと同じようにこれからも進んでいく可能性はある。あるいは、広告表示の仕組みが根本から変わって、「安全で見やすい」広告が出てくるかもしれない。そういう未来もありうる。

一つ言えることは、ある物事の成長の方向は、その評価軸によって決まる、ということだ。「コンテンツブロッカー」機能は、これまでの評価軸に揺さぶりを与えた。それが荒波を生むのか、時間とともに沈静化するのかはまだわからない。

ただ、もし本当に大きな変化が迫っているのならば、あるいはそのような感覚を持っているのならば早めに対応した方がよいだろう。痛み止めを繰り返し飲んでいても、抜本的な解決にはならない。それに未来を予想するくらいなら、自分で作った方が早いという考え方もあるわけだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です