感想群

らーめん春友流 in 奈良

うっかり油断しておりました。えぇ、30分前にはもう近くのコインパーキングに車を停めていたんですよ。そのときはお店の前にお一人いらっしゃっただけなので、これは余裕だろう、と。

IMG_6046

で、そうだ何か開店祝いに果物でも持って行こうと思って近くのスーパーを散策しながら時間を潰していました。そして、開店10分前に移動。もう、その時にはすでに行列が。えっ、と驚きを隠せませんが、とは言えまだ6人ほど。その最後尾に並びます。すると、午前11時の開店時間が近づくにつれ、行列が伸びていきます。なんだおい、こりゃすげーな、と思いながら開店を待ちました。

11時を少し回ると、店主がのれんを掛けていよいよオープン。L字型のカウンターが7席と、テーブル席が一つ。なんとかカウンター席の末に着席できました。オープン時は醤油ラーメン(690円)のみのラインナップ。食券機にあるビールのボタンが私の興味をエレキギターのように掻き立ててくれますが、今回は車なので自重。

席に着き、食券をスタンバイしてそのときを待ちます。

IMG_6047

カウンター内の厨房はお世辞にも広いとは言えません。それでも、最適な効率を考えて物が配置されているようです。ぐつぐつと煮立つお湯の中に麺が投入され、傍らでは丼ぶりの準備が進められます。出されたお水を頂きながら、その様子をじっくりと観察。お客さんは若い人からおじさん、仕事中らしき二人組、それにお母さんと子どもさんらしき組み合わせも。

最初の一杯がいよいよできあがりました。店主の顔は、やはりどこか険しさを感じさせます。なにせ初めてのお店で出す最初の一杯です。緊張感がない方がおかしいでしょう。その緊張感が継続したまま、流れるように次のラーメンへと調理の手は止まりません。

IMG_6048

ようやく、私のラーメンがやってきました。とはいえ、待っていた時間はそれほどでもありません。たぶん、私が調理の手順を凝視していたから長く感じただけでしょう。いただきます、と手を合わせて麺を啜ります。コシのある、しっかりとした麺。濃厚さを感じさせながらも決してくどくないスープ。L字のカウンターで一番最後の順番でしたが、食べ終えたのは3番目ぐらいでした。

ごちそうさまです、と早々に席を立ちます。行列ができているお店で、食後の余韻に浸っているのはあまりいただけません。コインパーキングに向かう途中の信号で立ち止まり、「うん、俺は今ラーメンを食べたぞ」というどっしりとした満足感を確かめます。うん、俺は今ラーメンを食べた。

15分も運転をすれば、もう家に近づいて来ました。不思議と、また食べたくなってきています。


お越しの際は、JR奈良駅または近鉄新大宮駅から徒歩。あるいは、それぞれの駅から奈良交通のバスで「北添川」が最寄りの停留所となります。

タダスビル – Google マップ

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です