物書き生活と道具箱

iPhoneは君のすべてを映し出している。(ネタ)、に乗っかる。

やるまえから、結果は見えていたんですよ。太陽が昇れば、朝になる。それくらい自明のことでした。

【iOS9】 iPhoneは君のすべてを映し出している。(ネタ) | 覚醒する @CDiP

説明なんかいらない。そこに行けばわかるんだ。そこで見たものを君は受け入れるしかないんだ。どんな恐ろしい結果が出ても即座にシェアしてみる勇気が君には果たしてあるだろうか?

ええ、ええ。やりましょうとも。シェアしてしまいましょうとも。リアルな現実の姿を。

準備はいいですか。

ゴクリ。

ハイ!

IMG_6136

というわけで、まあ予想通り過ぎて申し訳ない感じですね。

そろそろ連続プレイ日数が1000日に近づいているパズドラと、8万8千ツイートを越えているTwitterオンリー。あとおまけみたいにFacebook。一応タイマーアプリなんかもありますが、コンビニ弁当についてくる味なしパスタぐらい、まあしゃーなしに置いとくか、しゃーなしやで、ぐらいの存在感しかありません。

ちなみにTweetbotの4も持ってますが、もともとのやつ使ってます。UIが好きなんで。

でまあ、これを晒して終わりというのもつまらないので、ちょっと書いておくと、こういうのっていいなと思うわけですよ。ライフハック的というか。

アプリ別のバッテリー消費統計というのは、言ってみればiPhoneそのものの活動計ということですね。それを見れば、理念や記憶のゆがみに影響されることなく、ありのままの姿が出てくる。これって、ちょっとタスクシュートを使ったときに似ているかもしれません。なんだかんだいって、自分のありのままの行動を知るということがスタートなのです。

ただし、タスクシュートの場合は、自分で記録する必要があります。一つ一つの記録の手間は小さいですし、また慣れてしまえばほとんど無意識でできるのかもしれませんが、それでも完璧とはいかないでしょう。iPhoneのバッテリー消費に関しては、その辺りがまるっと自動的に解決されています。

でもって、未来のライフハック的なものはきっとこちらを向いていくでしょう。

これは、「アルゴリズムに全てを任せて人間は何もしなくなる」的な方向とも、「ネオ・ラッダイト運動」的な方向とも違っていて、テクノロジーの力を拝借しつつ人間が力を発揮する、というような方向です。人間×アルゴリズム、ということですね。

しかし、ちょっと考えてみたんですが、iPhoneにおけるバッテリーって、人間における何に相当するんでしょうか。カロリーなんですかね。すると、知的作業とカロリーの関係性も気になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です