物書き生活と道具箱

ガチ

「ヘイ、ブラザー。なんだ、景気の悪い顔をして? プロモーションで悩んでる? なんだそんなことかYo!
 話は簡単だぜ。あぁ、簡単だ。マシュマロを押しつぶすくらいに簡単だ。
 ガチでこいよ。ガチでさ。
 ガチで本を作ったんだろ。だったらプロモーションもガチだろ。
 なんだよ、その顔は。
 もしかしてプロモーションを軽んじているのか? そんなのは創作とはまったく関係ないと思っているのか?
 いけねぇーな、ブラザー。そりゃ、Chan-Charaおかしいぜ。
 広告はエンターテイメントなんだ。いや、広告こそエンターテイメントであるべきなんだ。
 ややこしい話は必要ないが、退屈な話もそれと同じくらいに必要ない。
 Youはさ、創作するときに、何を考えている? 
 そうだろ。読者を楽しませよう、驚かせよう、そんなことを考えているだろ。決して退屈させてやろうとは思っていないはずだ。
 だから重複する表現を避けたり、単調なストーリーに盛り上がりを工夫したり、文末を整えたりするってわけだ。
 それと同じ理屈を持ち込めばいいんだよ。
 プロモーションにだって、創作の力が必要だ。てきとうに、機械的にやっちまうのはノーセンスだぜ。
 そんな風に書かれた文章は読みたくもないだろう。広告だって一緒さ。
 やるならガチで、自分の想像と創造の力をフルに使ってやるのさ。あぁ、うまいこと言っちまったかな。
 重要なのは、ストーリーさ。
 だって、そうだろ。ストーリーのないものなんて誰も受け取ってくれないぜ。世の中はそんな風にはできちゃいない。
 別にプロモーションのために新しい物語を書けってわけじゃない。
 長期的なプロモーションを一つの物語みたいに捉えて、その中で展開を考えていくってことさ。
 もちろん、できるなら物語を書いてみてもいい。それも面白いプロモーションになるだろう。結局、そんなこともディペンド・オンなのさ、Youのな。
 なんといっても、プロモーションは創造力の舞台なんだ。
 そう考えれば、ちっとは楽しくなってくるんじゃないのか。ブラザーの力が試されてるってわけさ。
 いいか。押しつけがましさなんて、どっかに放り投げちまえばいい。ほんとうに必要なのは楽しませること、興味を引きつけることだ。
 そうだよ。同じプロモーションを繰り返すなんて愚の骨頂なのさ。
 そんなのは創造力の死滅だし、だいたい受け手をバカにしている。
 なあ、ブラザー。このことだけは知っておいてくれよ。退屈する場所なんか、誰も寄りつかない。
 もちろん、ガチで本を作ったんじゃなければ、別にガチじゃなくてもOKだぜ。
 つまり、ガチにはガチ。これだよ」

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です