10/26 〜 10/31今週のまとめ

今週のまとめエントリーです。

  1. 書評週間企画、はっじまるよ〜
  2. 【書評】現代という時代の気質(エリック・ホッファー)
  3. 【書評】タモリと戦後ニッポン(近藤正高)
  4. 【書評】ネットフリックスの時代(西田宗千佳)
  5. 【書評】メディアはマッサージである(M・マクルーハン、Q・フィオーレ)
  6. 【書評】ソーシャル物理学(アレックス・ペントランド)

というわけで、書評週間が始まりました。

でもって、前半戦が終わりました。前半戦は、「私たちを取り巻くメディア」に関係する本がピックアップされております。

来週も引き続き本を紹介しまくりますので、よろしくお願いいたします。

今日の一言

今日の一言はこちらでつぶやいております。

10月26日

光の強さとか、灯台の高さとかって、実は二次的な要素なんですね。

10月27日

これぞライフハックです。

10月30日

手間に関してはある程度効率化は図れます。しかし、積み重ねそのものをショートカットすることはどうしてもできません。

10月31日

ある程度の自重が必要です。セルフ・コントロール。

今週のその他エントリー

note

第三回 「インターネット的×知的生産の技術」その3 〜答えは誰が出す?〜

第四回 「インターネット的×知的生産の技術」その4 〜高い塔が倒れるとき〜

第五回 「インターネット的×知的生産の技術」その5 〜メディア的に生きる〜

今週触った本

権力の終焉
モイセス ナイム
日経BP社 ( 2015-07-17 )

読み始めました。

贋作 神話
根木 珠
九十九電本文庫 ( 2015-10-28 )

セルフパブリッシングの本。掌編が1編収められています。ギャップのあるイラストが印象的。

タイトルから若干なめてましたが、面白い本です。

明日のメルマガ告知

毎週月曜日に配信しているメルマガ。来週号の目次はこんな感じです。

○BizArts 3rd 「リストにタスクを置くこと」
○SS 「啓示板」
○物を売ることについてのエッセイ その1
○職業としての小説家 第五回 「さて、何を書けばいいのか?」
○これから本を書く人に向けての手紙 6「王国と建物」

→メルマガの過去分エッセイは「Facebookページ」にて読めます。

頂いた感想など:

Weekly R-style Magazineは、毎週月曜日の朝7時に配信されているメルマガです。

Weeky R-style Magazine
Weekly R-style Magazine ~プロトタイプ・シンキング~(まぐまぐ)

ブログに書けないテーマ、長期的な連載、日々考えていることなどをお送りしています。

コメントを残す