断片についての断章

断片。

断片の何が悪いのだろうか。

所詮全ては断片である。全ては断片からできている。

世界を眺めればいい。そこではすべてが断片から成りなっている。


断片には連続性がない。断片には継続性がない。

断片には統一性がない。断片には整合性がない。

断片だけならばなんとでも言える。どのような不合理もそこでは成立する。


断片は自由に動き回る。それこそ原子のように。

断片は自由だ。だからこそ、危うい。

宇宙空間に漂うちっぽけな一人の人間のように。


断片は、結局断片ではいられない。

断片は集められる。しごく恣意的に集められる。

もともとのコンテキストははぎ取られ、全体から切り刻まれた断片。

それが新しいコンテキストの元に集められる。

それはもう、元のものとはまったく関係ない。


世界は断片で出来ている。

しかし、世界はコンテキストで覆われている。

両方に注目することだ。