Evernoteの使い方

Evernoteの拡張ノートリンク(引用付き)スクリプトが!

以前、こんな記事を書きました。

R-style » Evernoteにあったらアンビリバボーな機能3つ

そうしたら、こんな記事が。

citation – Evernoteに実装するアンビリバボーな機能 #2 – s_z_k_3’s Scripts in Tumblr.com

AppleScript – citation – Evernoteに実装するアンビリバボーな機能 #2 – Qiita

Wow!

まずはやってみましょう。Mac版の話ですのであしからず。

適当なノートを開いて、コピーしたい部分を選択。

screenshot

しかる後に、スクリプトを発動。んでもって、別のノートにペリッと貼り付け。

screenshot

screenshot

ばっちりです。コンテキストから日本経済新聞のノートを引用したのとまったく同じスタイルになっています。ノート名だけでなく、ノートブック名も表記されているのが、ワンポイントですね。

仮に、これをノートリンク+コピーアンドペーストで実行したらこうなります。

screenshot

ダッサださですね。しかも、「ノートリンクをコピー→該当ノートに貼り付け→ノートに戻る→選択テキストをコピー→該当ノートに貼り付け」と、二倍以上のノート移動の手間がかかってしまいます。スクリプトなら、これが1回で済むわけです。まじビバ。

実際の設定方法などは、@s_z_k_3さんの記事に書いてあるので、そちらをご覧ください。

とりあえず、スクリプトエディタ.appを開き、記事中のソースコードをまるっとコピペすればOKです。コンパイルしてエラーが出るなら、改行文字(”¬”)を消すと通るかと思います。

ちなみに、メニューバーに表示されるスクリプトメニューに自作のスクリプトを表示させる場合は、「ユーザ・スクリプト・フォルダ」に保存すればOKです。で、「ユーザ・スクリプト・フォルダ」は、スクリプトメニューから表示できますので、とりあえずは、スクリプトメニューの表示からですね。

あるいはコマンドランチャー系のツールでHOTキーに設定しておいても良いでしょう。それはそれでノート間の引用が捗りそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です