BlogArts

noteでマガジンの継続課金が可能に

noteに新機能が追加されました。

継続課金マガジンについて | note

これまでの有料マガジンは、一回販売してそれで終了という売り切りタイプなのですが、新しく加わった「継続課金マガジン」では、毎月一回の課金が可能です。つまり、有料メルマガみたいな使い方ができるわけですね。

ただし、この機能を使うには、

  • noteプレミアムに登録する(月額500円)
  • 審査をパスする

の2ステップを踏む必要があります。大抵の有料メルマガも審査があるので、ここでの注目点は月額500円の「noteプレミアム」でしょう。

プレミアム会員|note

noteプレミアムは、noteの機能を強化するもので、そのうちの一つに「継続課金マガジン」があります。が、今のところ、

  • 予約投稿機能
  • つくれるマガジン数がUP(21個→1000個)
  • コメント欄のON/OFF機能
  • 継続課金マガジン機能

の4つがあり、お金を払っても使いたい機能と言えば、「継続課金マガジン」だけかもしれません。ただし、今後も機能拡張は予定されているようです。

「noteを始めたい人」の活用方法は?ピースオブケイク・加藤貞顕に聞く、現在の盛り上がりと今後の展開|SENSORS(センサーズ)|Technology×Entertainment

まず、現在、β版として一部のかたにつかっていただいている継続課金の機能は、今後「プレミアム課金機能」を通じて、一般向けに公開していきます。それと、これは今後の予定ですが、「共同編集機能」をつけます。それぞれ別のアカウントを持っていて、ファンもいる複数のアカウントが一つのメディアをnote上で持つという機能です。収益の分配率を設定し、自動的に売上を分けてられる仕組みです。これができるようになると、相当面白いことができると思います。

「プレミアム課金機能」より大きな意義を持つのはこの「共同編集機能」でしょう。複数人で運営するWebメディアは、その収益分配がネックの一つとなりますが(公平性や手間の問題)、それをプラットフォームが仲介してくれるのは大変ありがたいものです。

さらに視点を広げれば、電子書籍の分野でも、これと似た機能を持つのはBCCKSぐらいしかありません。noteは電子書籍ではありませんが、書き手・クリエーターが新しい「マガジン」の形を模索する上で、大きな選択肢の一つとなるでしょう。

そしておそらく、そういう事例がいくつか出てきたら、よりnoteに注目が集まり、使う人が増え、という好循環が回っていくはずです。

逆に言えば、導火線となるようなクリエーターを惹きつけられないとなかなか難しいのかな、という印象もあります。

さいごに

今のところ、noteでは個々のクリエーターに注目が集まっているわけですが、noteを使うクリエーターが増えていった後に、「共同編集機能」がどどーんと登場すれば、おそらくその風景は変わるでしょう。クリエーターではなく(それぞれが作る)メディアに注目が集まるはずです。おそらくそのときに、noteは本当の意味で「他にはないプラットフォーム」になっていくのでしょう。

というわけで、現状「まぐまぐ」のみで展開しているWeekly R-style Magazineをnoteでも展開しようか検討中です。いつもの私なら難しいことは考えずにすぐに飛び込むのですが、なぜか今は様子見しております。

▼その他のnoteプレミアムについての記事:
[L] 予約投稿や継続課金マガジンに対応した「noteプレミアム」 | Lifehacking.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です