Evernoteの使い方

Medium Publicationで「Evernote Life」をスタート

昨日、突然思い立って作りました。

Evernote Life — Medium

1時間ほどでこういうのができちゃうのがMediumのすごいところですね。

今のところ、わたくし(@rashita2)と、ごりゅごさん(@goryugo)さんの二人で、「Evernoteのある生活」をお送りしていきます。

screenshot

ようは小ネタですね。「こういうノートを作りました」とか「こういうノートがあって便利でした」とか、そういう話が中心です。もうちょっと余裕が出てきたら、ノートブックリストやタグリスト、あるいは関連アプリや書籍の紹介をつけ加えていけたら面白いかなと考えています。

とりあえずトップページには「MAKE」と「USE」の二つのカテゴリがありますので、どちから興味がある方をご覧ください。もちろん、両方覗いてもらうのも大歓迎です。

発端

たまたま、ごりゅごさんが、「季節モノの記録をEvernoteにメモしておく」という記事をアップされていて、ふむふむこれは面白いなと思っていたところ、その感覚が、

ライフハックLiveshow #187「Writer / Blogger」はライターとブロガーの違いについてのあまり聞けない話 | Lifehacking.jp

で話していたことと融合して、「うん、これだ」と思い至ったのがスタートの発端です。ようは、ふつふつと自分で何かやりたいと考えていたところ、良いネタが飛び込んできた、ということですね。

私としては、Mediumにそれほど強い情熱は感じていませんでした。せいぜい、複数のブログで書いている記事を一本にまとめるストリームのような位置づけだったのです。が、Liveshowで話していて、PublicationこそがおそらくMediumの醍醐味なんだろうな、という直感が湧いてきました。昨今のウェブの流れとも合致している気がします(これについてはまた別の記事で書きます)。

とりあえず、さすがにもうR-styleで1トピックだけの小ネタ記事を出すのは難しいので、そういうのを出していける場所として使っていきたいと思います。それと共に、他の人のEvernoteの使い方を交えることで、Evernoteの立体感(ようはいろいろな使い方ができること)を伝えていけたらいいなと、感じています。

PublicationとMedium

私はこのR-style以外にも、Honkureというサイトを運営しているので、たとえばそこでEvernoteに関連する面白い本を紹介し、その記事をMediumにimportして、それをPublicationに加えてしまう、という流れを一つイメージしています。このR-styleから小ネタの記事をピックアップしてimportしても良いでしょう。

そう考えると、Mediumは書き手から見た記事のストリームを変化させる力を有しているのではないか、という仮説が立ちます。個人的に記事の「転用」は好みではないのですが__R-style、メルマガ、シゴタノで記事を使い回したことはありません__、それはそれでさまざまな場所に分散させてしまう結果を生みます。

だからといって、「共同ブログ」を立ち上げたくはないのです。私は私として自分のブログをやりたい。

Mediumであれば、importという形で、「うん、それでも全然OKだよ」と受け入れてくれます。ようは、自分のブログと両立できるのです。

IMG_6884

これは新しい力学を発生させるのではないか。そんな予感があります。

さいごに

とりあえず二人でスタートさせましたが、別にこだわるつもりはありません。しばらくは、どういうことができるのかを試しながら、ぼちぼち拡大していきたいなと思います。こういうのはバラエティーがあった方が楽しいですからね。

では、では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です