信号機

二人の男がいた。二人は同じ道を使って出勤していた。

二人はちょうど同じ信号に引っかかった。二人は、同じものに気がついた。


「おっ、なんだ。あの信号機に木の枝が引っかかっているじゃないか。見えにくい。一体なんだ。誰が俺の邪魔をしてるんだ。そうか、俺に事故を起こさせようという陰謀だな。そうに違いない。ふっふっふ、俺はそれしきのことに負けたりはしない。願えば叶うというからな。これから毎日、「あの枝よ無くなれ」と願い続けてやる。自分に宿るフォースを信じるんだ」


「あちゃー、木の枝が引っかかってるよ。隣の街路樹が成長しすぎちゃったんだな。最近市の予算が厳しいって聞くし、たぶん整備にお金が回っていないんだろう。でも、ちょっと連絡しておくか。さすがにあの状態は危ないし」

「えっ、上司がいない。いや、それどころじゃないんですよ。とりあえず早めに対処しないと事故が起きますよ。ええ、はい。わかりました。折り返してください」

「えっ、市長に直訴してくれ。いやいや、そちらが上にあげてくださいよ。それでは予算の許可がおりない? わかりました。直接市長に言ってみます」

「そうなんですよ。木の枝が。えっ、管轄は市じゃない? じゃあどこに連絡すればいいんですか。国? また話が大きくなりましたね。わかりました、そこの電話番号は分かりますか」

「ですから、国道のですね。えっ、そこは県の管轄だ。だって、市長が。最近管轄区域が変更になった? 知りませんよ。ともかく県の道路整備局に連絡すればいいんですね」

「はい、早急に対応お願いします。こうしている間にも数百台の車があの信号を通過しているわけですから」


数日後


「おぉ、木の枝が消え去っているではないか。さすが俺のフォース。この力は広めていかないとな。はっはっは」


「やれやれ、やっと工事してくれたか。税金を払っている価値があるというものだ」

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です