Evernoteの非同期ノートブックに関する注意

Evernoteには同期ノートブックと、ローカルノートブックの二種類があります。

同期ノートブックは、クラウド上のサーバーに内容をアップロードすることで、その中身を他の端末のEvernoteと同期してくれます。対して、ローカルノートブックは、どこにも内容がアップロードされない代わりに、中身を参照できるのはその端末だけです。

ノートの中身によっては、サーバーにアップするのはちょっと……みたいなこともあるでしょうから、そうしたノートはローカルノートブックに置いておけばよいでしょう。

ただし、このノートブックの扱いには、ちょっと注意が必要です。

ノートの移動ではない

最初に結論だけ書くと、ノートリンクが特殊になります。

何かノートを作ったとしましょう。そのノートはinbox(デフォルトのノートブック)に作成されますし、それはつまり同期ノートブックということです。

screenshot

そうして作成したノートを、ローカルノートブックに移動させます。すると、不思議な変化が。ゴミ箱にも同じノートが生まれているのです。

screenshot

screenshot

考えてみればこれは当たり前で、ローカルノートブックに置かれるということは、同期ノートブックからは取り除かれることを意味します。同期ノートブック同士の移動であれば、単にデータベースの「notebook」の値を書き換えれば済む話ですが、非同期への移動となると、削除が必要になってくるわけです。

つまり、同期ノートブックにあったノートと、ローカルノートブックに移動されたノートは「別物」だということです。中身はまったく同じですが、そのノートはコピーされてできたものなのです。

中身が同じなので困ることはほとんどありませんが、唯一の例外がノートリンクです。ノートリンクはノートの固有のアドレスを参照するので、ノートが変われば、その値も変わります。つまり、同期ノートブックに置かれているときに取得したノートリンクは、そのノートをローカルノートブックに移動させたときに、機能不全を起こすのです。

screenshot

この機能不全は、ノートをローカルノートブックから同期ノートブックに戻しても変わりません。なにせローカルノートブックにあるノートは、もう別のノートなのです。もし、ノートリンクの機能不全を解消したければ、ローカルノートブックからではなく、ゴミ箱から復元してください。それでばっちりです。

では、逆向きの動きはどうでしょうか。

ローカルノートブックに置かれているときに取得したノートリンクは、そのノートを同期ノートブックに移したときにどうなるか?

これは問題ありません。なぜならローカルノートブックから同期ノートブックへの移動はノートの削除&コピーを伴わないからです。単に、そのノートが同期リストに追加されるだけなんですね。こちらはノートは「同じもの」なのでノートリンクもそのままです。

さいごに

ローカルノートブックの使用比率も、ノートリンクの使用比率もそれほど高くはないと思いますが、もし多用されているならばご注意ください。私は50ほどのノートをうっかりローカルノートブックに移してしまい、ノートリンクが一斉に死んでしまったのでかなり慌てました。

そういうときはゴミ箱をチェックです。

▼こんな一冊も:

Evernote豆技50選 (Espresso Books)
倉下忠憲 (2015-03-29)
売り上げランキング: 1,195
ズボラな僕がEvernoteで情報の片付け達人になった理由
倉下 忠憲
シーアンドアール研究所 (2016-02-26)
売り上げランキング: 273,937
タグ:

コメントを残す