セルパブ実用書部会、ゆっくりとスタートしました

以前「セルパブ実用書部会」の構想(あるいは妄想)について書きました。

R-style » 「セルパブ実用書部会」の野望

ともあれ、現状は構想の段階というよりも妄想の段階ですが、そうした活動をサポートするための「何か」を作ってみたいと考えています。技術的な問題をサポートしあったり、内容や章立てについて相談したり、レビューを交換したり、進捗報告をしたり、といった集まりです。もちろん、オンラインの集まりとなるでしょう。

いろいろ考えたあげく、とりあえずFacebookグループでそれを始めてみようと思います。

screenshot

セルパブ実用書部会

技術的な質問、アイデアの検討(ブレスト)、こまごまとした問題点、お互いの原稿チェックなどを投稿していくためのグループです。定期的に進捗報告するなどすれば、モチベーション維持にも役立つかもしれません。

狙いとしては情報交換ですが、もう一つ、「知見の蓄積」もあります。質問とその答え、課題と改善点などがこのページに溜まっていけば、新しく参加される方にとっても有益でしょう。それが一定量蓄積したら、別にウェブサイトを立ち上げてまとめてみる、なんてこともちょっと考えております。

で、この有料サロン的な「セルパブ実用書部会」ですが、入会金・月額ともに無料。いや〜お得ですね。ただし、ほんのわずかでも実際に本を作るつもりがある方に限定させていただきます。あんまり拡げてしまうと、自由な意見が集まりにくいかと思いますので。なので、どこかの段階で定員を切ることも一応想定しております(※)。まあ、そんなに集まらないとは思いますが。
※以前の記事に反応してくださった方は優先します。

一応「実用書部会」と銘打っておりますが、文芸畑の方を門前払いしているわけではありません。文芸的質問をされても、答えられないよ、というくらいのニュアンスです。そのあたり、了承していただければと思います。

ちなみに、現在のメンバーは私と先日新刊を発売されたLyustyleさんの二人です。

25年前からのパソコン通信: 1990年代初頭のシドニーから
Lyustyle Books (2016-09-24)
売り上げランキング: 1,292

まあ、焦らず気負わず、じっくり進んでいきましょう。

1 thought on “セルパブ実用書部会、ゆっくりとスタートしました”

コメントは停止中です。