時事ニュース

とりあえず、光市母子殺害事件への判決理由だけ

【光市母子殺害】「新供述は不合理」と一蹴 主文後回し、厳刑へ(産経新聞)

 山口県光市の母子殺害事件で、殺人や強姦致死などの罪に問われ、最高裁が無期懲役の2審・広島高裁判決を破棄した元会社員の男性被告(27)=事件当時(18)=の差し戻し控訴審判決公判で、広島高裁の楢崎康英裁判長は主文の言い渡しを後回しにし、判決理由の朗読から始めた。楢崎裁判長は被告が殺意を否認した差し戻し審での供述について「不自然、不合理だ」と一蹴した。

判決理由で語られている「不自然、不合理」という判断は当然でしょう。さすがに弁護側が主張する意見はほとんどの人が違和感を感じていることでしょう。
あとは、極刑になるかどうか、というところがポイントなわけですが、状況から見てその可能性が非常に高い、という感じです。

これはまた明日以降にもまとめを書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です