未分類

4月28日 経済・株式ニュース

日経平均、小幅続伸・終値30円高の1万3894円(日本経済新聞)

ぎりぎりのプラスでした。前場の高さから考えるとかなり低くなってしまいましたが、1万4000円で天井にぶつかってから下落、再び上昇ということで、それなりに悪くないかな、という感じはしています。休日前ということを考えればこのくらいがまあ妥当というところでしょうか。売買代金が2兆8262億円あたりということで、まあ活発になりつつあることが最近感じられます。

連休明けも、比較的高いところに向かおうとするのではないでしょうか。

松下と三洋電、提携報道を否定(日本経済新聞)

これってどうなんでしょうか。まったくの事実無根というわけでないでしょうし、そういう可能性もあるのかな、という含みのある視線で見つめておくのがよいのかもしれません。
とりあえず、松下15円(0.7%)、三洋16円(プラス6.7%)と三洋の方はかなりお祭り騒ぎになっていたようです。ただあまりにも大きな窓を開けてしまったのでキープする人は気をつけた方がよいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です