物書き生活と道具箱

「Milanote」のBoard機能で階層を作る

前回:「Milanote」のNote,Image,Link,Column,Linkeの詳細

今回は「Milanote」の一つの特徴でもあるBaard機能について紹介していきます。

Boardの基本

Boardパーツを配置すると、以下のように表示されます。

screenshot

カスタマイズできる要素は、ColorとIcon。

アイコンはもともと準備されたものから選択もできますし、自分で画像ファイルをアップロードすることもできます。

screenshot

華やかにWorkSpaceを彩れますね。

作成される階層

配置したBoardをダブルクリックすると、そのBoardの中に入ります。

screenshot

上部のパンくずリストを見ればわかりますが、階層的に一つ下の場所となっています。当然ここでも上の階層とまったく同じことができますし、Baordパーツを配置して、さらに下の階層に潜ることもできます。

screenshot

パーツのボード移動

最上位のボード(main-WorkSpace)に戻ってみましょう。

ここで何かしらのパーツを、Boardパーツの上にドラッグします。すると、どうなるか。

screenshot

一見何の変化もありませんが、右側に注目です。

screenshot

隠れたサイドバーに、移動してきたパーツが並んでいます。「Unsorted notes」、つまり未整理パーツということですね。いわば、この領域はinbox的な位置づけとなります。ここからさらにドラッグすることで、自由にそのBoard内に配置させることが可能です。

screenshot

パーツの移動を、階層の下にではなく、階層の上にしたい場合は、パンくずリストへのドラッグです。

screenshot

上部メニューにドラッグすると、

screenshot

きちんと、その階層の「Unsorted notes」に配置されます。つまり、「Unsorted notes」は各Baordごとに存在していて、共有はされません。逆に言うと、階層間の移動だけではなく、通常のボード操作においても「未整理」要素を入れておく場所として使えます。

さいごに

このBoardを使うことで、実に様々な情報管理スタイルが生まれます。

たとえば、以下のようにmain-WorkSpaceに「プロジェクト」用のBoardを配置し、

screenshot

その中には、メモ書きと、さらに内側の「サブ-プロジェクト」用のBoardを配置する

screenshot

といったことが可能なわけです。

Evernoteであればノートリンクで地道に接続する作業が必要ですし、WorkFlowyならばひとかたまりの情報を横に並べることができません。全体の(あるいは平面の)俯瞰性をキープしつつ、階層が簡単に作れる、というのがMilanoteの良いところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です