時事ニュース

7月12日 経済・株式ニュース

「iPhone」発売初日、供給足りず相次ぎ完売 (日本経済新聞)
iPhone好発進 完売続出、対応ソフト500本以上(朝日新聞)

発売二日前から並ぶ人がいるくらいですから初日の完売は当然と言ったところ。問題は今後の供給量というところでしょうか。任天堂DSは品薄感をアピールしながらも爆発的に売れていきましたが、それと似たような経過をたどるのでしょうか。
そして、ソフトバンクの株価は2000円まで行くのでしょうか。非常に注目ですね。

米国株反落、ダウ終値128ドル安 一時1万1000ドル割れ (日本経済新聞)
NY原油続伸、終値145.08ドル 一時最高値147ドル台 (日本経済新聞)


すごい勢いでバンバン下がっていってますが、これは何処まで続くのか、ということがとりあえずの焦点でしょう。もちろん原油価格の上昇というのが一つのキーなんですが、150ドル以上にはならないのではないかな、と思っています。そこから価格が下落に転じて、株価が上昇、というシナリオはいささか楽観的過ぎるでしょうか。

投信資金流入、6分の1に 1―6月、株安で個人投資冷え込む(日本経済新聞)

そりゃまあそうでしょうね。

新生銀、5800億円で「レイク」買収を発表(日本経済新聞)

だっそうです。

セブン銀、そごう・西武百貨店にATM(日本経済新聞)

だっそうです2。

欧州株:大幅下落 米政府系住宅金融の経営危機伝えられ(毎日新聞)

欧州も運命共同体ですね。


さてさて、月曜日からはどう動くでしょうか。下の方では若干の買いが入りそうな感じがします。そろそろ上昇?・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です