時事ニュース

子どもとゲーム(毎日新聞)を読んで

子どもとゲーム:(2)レースゲームまねて事故 現実と混同する例も(毎日新聞)

00年1月、川崎市内のある住宅街は騒然となった。半年前から足や耳を切り取られた野良ネコが次々と見つかっていた。交代で夜間の巡回を続けていた住民が見たのは、近所の14歳の少年がエサをまいてネコをおびき寄せる姿だった。

 「ゲームをしているうちに殺してみたくなった」。母親に連れられて東京都内の神経科クリニックを訪れた少年は、医師に抑揚のない声で打ち明けた。


えっととりあえずゲーム脳という話なのでしょうか。

 ゲームと暴力の関連性は、凶悪事件が起きるたびに取りざたされる。98年に東京都江東区で15歳の少年が警察官をナイフで襲った事件では、東京家裁がゲームの影響を指摘。00年に大分県野津町(現臼杵市)で一家6人が15歳の少年に殺傷された事件では、大分家裁は「残虐なテレビゲームや映画の影響で、殺人への抵抗性が低くなっていた」とした。

秋葉原で起きた事件はまさにそのゲームと暴力の関係性という点で象徴的ですらあった事件でした。
この大分家裁の「残虐なテレビゲームや映画の影響で、殺人への抵抗性が低くなっていた」というのはなかなか判断の難しい問題をふくんでいます。

05年2月の大阪府寝屋川市での教職員殺傷事件では、17歳の少年がゲームマニアと報じられたのを機に、神奈川県などが残虐ゲーム規制へと動いた。ゲーム業界を中心に「今どき、ゲームをしていない子を探す方が難しいのに、なぜかゲームのせいにされる」(ゲームソフト会社社長)との反論が出ているがゲームと事件に因果関係はあるのか。

普通のゲームは良くて残虐なゲームはダメなのか。それとも普通のゲームも悪影響があるのか。だったらアニメは?だったらマンガは?だったら小説は?だったら映画は?

ゲームの子どもへの影響を約20年間調査している坂元章・お茶の水女子大教授(社会心理学)によると、心理学の分野では世界的に「暴力的要素が強いゲームが暴力性に影響を与える場合がある」という論文が90年代後半から目立つようになった。影響がみられないケースもあり、何が左右するのか未解明の部分が多いが、坂元教授らの調査では「一緒に遊ぶ他者が暴力シーンに否定的な態度を示すと影響が弱まる」との結果も出ている。

「暴力的要素が強いゲームが暴力性に影響を与える場合がある」という表現はそりゃそうだろ、という感じしかしません。結局のところ原因をゲームだけに絞り込むのは難しいという問題もあります。

基本的に暴力的な要素の芽を持っていたら、ゲームによってそれがさらに強化されてしまうという場合もあるでしょう。その場合はそれがたまたまゲームであったということだけです。影響のない子には全く影響がないという事だとすれば、一方的にゲームを否定することはできません。

話は変わって。
この脳に対する興味関心の高さというのは日本独特のものなのでしょうか。
例えば、ゲームで脳を鍛えるというのが一時期ブームになっていました。
ゲームで脳を改善できるのであれば、改悪もできると信じることができてしまいます。
であれば、ゲーム脳というのもすんなり受け入れられそうです。

実際のところはかなり極端な事件を起こす人間の場合、ゲームに没頭するあまり現実世界との接点の時間がなくなってしまっている、ということが本当の問題なのでしょう。
現実的な体験が出来なければ、仮想で描かれる世界が現実の物として感じられて当然だと思います。

同じゲームをするのでも、一日に1時間するのと8時間するのではまったく違うといっていいでしょう。この7時間の差があるかないかで他の体験や思考や仮想によって思考や価値観の修正を生んでいくか否かということが分かれてくるように思います。

なんだか話がごっちゃになりましたが、ゲーム脳うんぬんは別段どうでもよくて、基本的にゲームだけして人生の時間を送る(特に少年期)のには弊害がある、ということではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です