時事ニュース

7月30日 経済・株式ニュース

任天堂、「Wii」好調 4―6月純利益34%増 (日本経済新聞)

いやいやさすがです。まだまだ伸びるでしょうか?

サウジ、政府系ファンド設立検討 外国企業に戦略投資(日本経済新聞)

これはなかなかバカに出来ない金額の規模の政府ファンドになるでしょう。原油依存の形からの脱却ということなのでしょうが、影響力はいかがなものでしょう。

ガソリン店頭価格180.7円 3週連続で下落、28日時点 (日本経済新聞)

原油価格の下落が続いていたので、もう少し下がるでしょうが、さすがに160円台に戻ることはなさそうな感じ。

上海株続落、8日ぶり安値 (日本経済新聞)

五輪が近づいて来るにつれ下がっていくのではないでしょうか。もう一段ぐぐんと下がりそうです。

東証大引け・反発――前日の下げを埋める、業績で選別・松下高い(日本経済新聞)

寄りつきからほぼ動かない展開でした。下げを埋めたことから、明日もあがっていく・・・というのはちょっと早計ですね。おそらくダウがマイナスを受けるでしょうから、それを受け手下がってくるのではないでしょうか。

米国株、急反発 ダウ266ドル、ナスダック55ポイント高 メリルの資産処理も好感(日本経済新聞)

上でダウが下がると書きましたが、もし続けて上昇するようであれば期待感は高まります。しかし、一度原油価格が戻りそうなので、ちょっと厳しめかな、という感じはします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です