手帳としてEvernoteを使う その3

前回:手帳としてEvernoteを使う その2

一週間ページ

一日ページの次は、週間ページです。

幸いなことに、これもEvernote社公開のテンプレートがあります。

テンプレート: 2017 Evernote カレンダー – Evernote ヘルプ&参考情報

これはこれで使い勝手が良いのかもしれませんが、私が使いたい形ではありません。そんなときは、そう、DIYです。

一週間テンプレート

今のところ使っているのは、こんな感じのノートです。

Evernoteのエディタ機能で作ってあります。エディタ機能からでは最高6×6の表組みしか作れませんが、その後「表」メニューから上やら右に列・行を追加して8×9の表組みに。カレンダーっぽい表示にするために土曜と日曜だけ、表の背景色を変えてあります。これも、「表」メニューの「表のプロパティ」から設定可能です。

あとは週一回このノートを複製して、ガシガシ書き込んでいくだけです。実際に使っている例だと、以下のようになります。

日付のノートリンクは、該当の一日ページです。前後の週の一週間ノートへのノートリンクもあります。ちなみに、この一週間ノートは、私はプランナーとしてはほとんど使っておらず、基本的にはログ用です。つまり、この日どんな作業をしたのかを記録するためのツールということですね。で、この表を見れば、その週どれくらいの作業をしたのかが大雑把にわかります。進捗感の確認です。

また、その週の終わりに「週所感」というところに、簡単に振り返りを書き込みます。どんな作業をしたのか、何ができなかったのか、来週はどうするか、ということを思いつくままにフリーライティングします。

総じて言えば、うまくタスク管理してやろう、というよりは、「うんうん、今週は自分はこれだけのことをやったんだな。来週も頑張ろう」と思うためのページ、ということになります。

さいごに

これでかなり手帳的機能ページが充実してきました。主要なものはこれで揃ったとすら言えるでしょう。とは言え、まだ少し細々したものも残っています。それについては次回にまた。

次回:手帳としてEvernoteを使う その4

▼こんな一冊も:

Evernote豆技50選 (Espresso Books)
倉下忠憲 (2015-03-29)
売り上げランキング: 3,775
クラウド時代のハイブリッド手帳術
C&R研究所 (2016-04-21)
売り上げランキング: 88,106
Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術
技術評論社 (2017-05-29)
売り上げランキング: 36,933
ズボラな僕がEvernoteで情報の片付け達人になった理由
倉下 忠憲
シーアンドアール研究所 (2016-02-26)
売り上げランキング: 275,557
Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です