4-僕らの生存戦略 時事ニュース

個人投資家が戻ってきているらしい

最近、日経平均が1万円台まで戻す場面があった。
いかにもあがりそうではないところであがっているのはちょっと不思議だったのだが、これをみて何となく理解できた。

帰ってきた?個人投資家 セミナー・窓口盛況続き(朝日新聞)

 証券会社の投資セミナーや窓口に出向く個人投資家が増えている。インターネット専業大手の楽天証券が大阪市で4日に開いたセミナーには、昨年の1.7倍の約2900人が参加。「個人投資家が株式市場に戻ってきた」。証券業界もそんな実感を強めている。

 大阪国際会議場であったセミナーは、約2500人収容のメーンホールがほぼ満席に。竹中平蔵・慶応大教授や森永卓郎・独協大教授、ファンドマネジャーらの講演が夕方まで続いた。

 大津市から参加した男性(71)は、しばらく塩漬けにしていた株取引を最近になって再開した。「先の見極めが難しい。手がかりがほしい」。兵庫県芦屋市の建設業の男性(31)は「株価はまた下がるのではないか。テレビでは語らない、専門家の本音を聞きたい」と話した。株価上昇への期待に加え、先行きの判断材料を求める心理が投資家をかりたてるようだ。

こういう人たちが「専門家」のアドバイスで買い上げているのだろう。もちろん大口の買い手もいるのだろうが、どちらにしても長く続かないだろう。
ちょっと安心した。

まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
ダイヤモンド社
望月 衛(翻訳)
発売日:2008-02-01
発送時期:在庫あり。
ランキング:861
おすすめ度:3.5
おすすめ度4 証券投資に関わる人は、読むべきだ。仕事がむなしく感じるかもしれないけど。
おすすめ度5 偶然に騙される
おすすめ度4 人生と人間の本性が垣間見れる
おすすめ度4 プロでもまぐれなのだ、素人は当然まぐれだぞと、自分を戒める本
おすすめ度4 超刺激的で難しい本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です