時事ニュース

キリンとサントリーが合併

国内企業の経営統合のニュースではここ最近で一番のビックニュースではないでしょうか。

キリンとサントリー、経営統合へ 持ち株会社統合で交渉 (日本経済新聞)

 食品最大手のキリンホールディングスと2位のサントリーホールディングスが経営統合の交渉を進めていることが明らかになった。両社持ち株会社の統合案を軸に最終調整、年内の合意を目指す。実現すればビールと清涼飲料で国内首位に浮上。世界でも最大級の酒類・飲料メーカーとなる。統合で国内市場の収益基盤を強化、成長が見込まれる海外市場を共同開拓し、世界的な勝ち残りを目指す。

規模でみるとかなり半端無い企業ができあがるようです。国内でももちろんトップということで、その他の飲料メーカーなどの動向も気になるところ。

あとはブランドをどうするのか、というのも気になる。ソフトドリンクは良いとしてもビールなんかは結構気になる。
売れ方で見ると、プレミアム系がサントリー路線、普通のビールがキリン、ということになるんでしょうか。チューハイはさまざまなブランドがありますが、氷結があればそれでOKでしょうか。

しかし、こういうのを現実にみると、日本も大きな変化の真ん中にいることが実感されます。

ちなみにキリンの株価は大きく上昇。アサヒもついでにあがっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です