iPhoneでクレドを持ち歩く術

言葉のちから

人の精神的エネルギーというのは「言葉」というものに大きく影響されてしまいます。
誰かの言葉にひどく傷つけられたり、あるいは何気ない誰かの言葉で勇気づけられたりと。

シゴタノ!の未来の自分のために、iPhoneで作る「心の処方箋」という記事ではiPhoneで自分の心に響く「名言」を保存し、レビューする方法が紹介されています。

「単語カード」というアプリの無料版で実現できるこの名言集の作り方については実際に記事を読んでもらうとして、名言を集めるコツを記事から引用させてもらいます。

1.数を集める
2.自分の悩みに対応するよう分類する
3.ポジティブな内容だけ書く

1と2のコツはそれぞれ連携していて、いろいろなシチュエーションに合わせて、自分の力をわかせる言葉を集めていけば必然的に多くの言葉を集めることになるでしょう。
3に関しては心の処方箋を作るという意味合いにおいては当然の選択かも知れません。あんまりネガティブな言葉で勇気がわき上がる、心が癒やされるというひとは少ないでしょう。

また、こうやって名言集を作るということを意識しておけば、日常で流れている会話、ツイッター上のつぶやき、テレビやラジオ、ポッドキャストで流れている言葉にも敏感になること請け合いです。メモが手放せなくなってくることでしょう。

こういうアンテナを張り巡らせた状態で情報に接するというのはとても大切な事だと思います。

単語カード.com

ちなみに、私は紹介されている「単語カード」ではなく、「単語カード.com」という無料のウェブサービスを使っています。
テキストファイルをイメージファイルに変換するというだけのサービスなんですが、非常にシンプルで使いやすいサイトです。使い方は

1 テキストファイルを選択して、送信する
2 ZIPファイルがダウンロードできるので適当な場所に保存して解凍
3 iPhoneのイメージファイルと同期しているフォルダにそのファイルを移動

これで、iPhoneとPCを同期すれば、テキストファイルの一行がそのまま一枚の画像として保存されたものがiPhoneにも移動されます。

私は自分の「クレド」とか「投資に関する心構え」などをiPhoneで持ち歩くのに使っています。

このサービスを使い始める前はレバレッジメモ的にプリントアウトした物を持ち歩いていたんですが、この方が場所を取らないし、いくら数が増えてもまったく気になりません。

iPhoneの標準「写真」アプリでもスライドショー機能が付いているので、それでゆっくり眺めてみると、ちょっとずつ心のコンディションが整ってくるのが実感出来ます。

Let’s try

どのような方法であれ、こういった「心の処方箋」を持ち歩くというのはなかなか有効だと思います。ぜひお試しあれ。

☆↓こういうのが生成されます(単語カード.com)
ギャン24のルール(1)
ギャン24のルール(2)
自助論

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です