AppleScriptでEvernoteを操作する 第二回

では、さっそくAppleScriptを触ってみましょう。

使用するのは「スクリプトエディタ」という標準アプリケーションで、「ユーティリティ」(あるいは「その他」)というフォルダに入っているかと思います。

これを起動します。

新規ファイル作成

ファイル確認のダイアログが表示されるかと思いますので、「新規書類」を選択してください。すると、以下のようなウィンドウが立ち上がるはずです。

ここにコードを書いていくことになります。

AppleScriptの選択

この「スクリプトエディタ」では、AppleScript以外にもJavaScriptが書けます。なので、最初にAppleScriptが選択されているかどうかを確認しておきましょう。

もともとAppleScriptが選択されていればそのままでOKです。もしJavaScriptになっているならクリックしてAppleScriptを選択してください。

テスト

では、ごくごく簡単なコードを書いてみましょう。安心してください。本当にごくごく簡単です。

ウィンドウに以下のコードを打ち込みます。コピペでも結構ですが、自分で打ってみてもよいでしょう。

Display dialog "Hallo AppleScript"

普通にコードを打ち込めば、このように紫字で表示されているかと思います。で、入力を終えたら、上にあるトンカチのボタン(コンパイルボタン)をクリック。

以下のように、文字が変化しますね。

こうなったら、構文的にはまあまあ問題ないよ、ということなのですがそれはさておき、そのままトンカチの左にある音楽プレイヤーの再生みたいなボタン(実行ボタン)を押してみましょう。以下のようなダイアログが表示されればOKです。

つまり、Display dialogは、「ダイアログを表示(ディスプレイ)したまえ」という命令で、その後に続く”Hallo AppleScript”が、そのディスプレイに表示されるテキストの内容を指定しています。当然”Hallo AppleScript”の中身を変更すれば、ダイアログに表示されるテキストも変わりますので、ちょこちょこ書き換えて試してみてください。

というわけで、今回はスクリプトエディタの基本中の基本を紹介しました。まずは、コードを実行するための、コード書き(変更)→コンパイル→実行、という流れを掴んでください。

次回はさっそくEvernoteの操作へと入っていきましょう。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です