WorkFlowy専用クライアントソフト「DeskFlowy」

あるいは、WorkFlowy特化型ブラウザと呼んでもいいかもしれません。

DeskFlowy

現状はMacOS版のみ。Windows版はComing soonのようです。

解説は、以下の記事も参考になります。

パソコンだとWorkFlowyは使いにくい。なのでDeskFlowyがやってきた。 – W&R : Jazzと読書の日々

当記事でも、少し特徴をさらっておきましょう。

3つの特徴

特徴は大きく3つあります。

まず、ブックマーク管理。WorkFlowyの好きな項目を左のブックマークリストで管理できます。これ自体もちょっとしたアウトラインっぽい動きをしてくれるのですが、それだけでなくショートカットキーの割り当てが可能なので、頻繁に行き来する項目がある場合などは活躍してくれるでしょう。

続いて、タブ。複数のタブを開くことができます。で、これは普通のWebブラウザではないので、たくさん開いてもそれほどメモリを消費しません。私はリンクベースで管理するのが好きですが、タブベースでの管理がお好みの方は、メモリ消費の点からいって非常に優秀と言えそうです。

最後に、拡張です。FirefoxやChromeであれば、StylishやTampamonekyなどの拡張機能を利用しなければいけない「CSSの変更」「JavaScriptによる拡張」が標準装備されています。

※作成したスタイル(CSS)

※チェックマークで適用

※Extension ScriptはJavaScriptを記入する

WorkFlowyのHTMLはすっきりわかりやすいものではないので、多少ソースが読めないとうまくいかない部分はあるでしょうが、Stylishを通じて入手できるテーマを流用できますので、あとは適当にそれを改造する形がよいでしょう。ちなみに、FirefoxのStylisテーマを使う場合は、一行目と最終行は削除しておくと吉です。

※これと

※これ(さいごの})は削除しておく

他にも右サイドバーにはミニブラウザやメモがついていますが、これはまあ、おまけみたいなものでしょう。

まとめ

まとめておくと、

  • WorkFlowy専用タブブラウザなので、メモリ消費が少ない
  • 項目のブックマーク管理が楽チン
  • CSSとJavaScriptによる拡張が標準装備

といったところです。WorkFlowyを使いまくっている人は、ちょっと試してみるとよいかもしれません。

あと、このアプリは基本的に無料ですが、開発へのカンパも募集されているようです(→カンパのお願い)。Amazonギフト券で簡単にカンパできますので、よろしければどうぞ。

▼こんな一冊も:

クラウド時代の思考ツールWorkFlowy入門 (OnDeck Books(NextPublishing))
インプレスR&D (2016-01-29)
売り上げランキング: 42,764
Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です