7-本の紹介

2009年7月読んだ本をまとめてみた。

さて、7月ももう終わり。今月読んだ本を月の初めに立てた目標と照らし合わせておく。

2009年7月 読みたい本リスト

5冊リストに挙げて、とりあえず5冊とも読むことができた。寄り道読書してたわりにはまぁまぁの成果。

サブリミナル・インパクト―情動と潜在認知の現代 (ちくま新書)
筑摩書房
発売日:2008-12
発送時期:在庫あり。
ランキング:2410
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 潜在意識と顕在意識
おすすめ度5 苦痛と快楽の距離が近づいている(本文より)わけを知った
おすすめ度5 『ヒト』の限界寸前まで、過剰な刺激と快楽をエスカレートしている現代社会
おすすめ度2 興味深い本ではない。
おすすめ度5 広告は立派な洗脳

潜在意識と意識の関係の本を書いている。さまざまな実験の結果も紹介されている。やはり我々の行動や判断というのは大半が意識の知らないところで行われているという事実。これを無視しても否定してもいいが、現状は変わらない。

自分自身を、言い換えれば意識が無意識をいかにコントロールしていくべきか、ということを最近私はよく考えるが、非常に貴重な一冊だった。

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
ダイヤモンド社
三本木 亮(翻訳)
発売日:2001-05-18
発送時期:在庫あり。
ランキング:472
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 TOCとはなにか
おすすめ度4 職種を問わず中堅社員と呼ばれる人、お勧めです
おすすめ度4 今となっては冗長だが、大事な古典
おすすめ度5 研究畑の人間でも楽しめる
おすすめ度5 「カイゼン」の思考

二番目にリストに挙げておきながら読み終えたのはつい昨日(7/30)。しかし読み始めて2日ほどで読み切った。込められたメッセージはそれほど多くないが、話は長い。しかしそうであるがゆえに、非常にメッセージは印象に残った。ストーリーがあるおかげで読むのが苦にならない、というのはある意味一つの手法だなと思った。
なかなか簡単ではないが、メッセージを伝える上ではやはり重要な手法の一つであろう。関連する書物が気になってきている。

信頼の構造―こころと社会の進化ゲーム
東京大学出版会
発売日:1998-05
発送時期:在庫あり。
ランキング:12662
おすすめ度:4.0
おすすめ度5
おすすめ度2 信頼VS安心なのか?
おすすめ度5 現代社会の構造がわかる。

なかなか形式的にお堅く書かれていたので、読み込むのに少々苦労した。
しかし「存在の解き放ち理論」というものは、これからの日本社会の変化を捉えていく上ではかなり重要なものになる、という感覚はある。日本はもう安心社会に戻ることはできない。出来たとしてもそれは非常に高コストなものであり、それを今の日本が維持できるかは不明だ。
不確実性が大きくなっていく社会の中で、どのように振る舞うのが適切なのか、そしてそれは何故なのか、ということに大きなヒントを与えてもらった。

急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則 (SB文庫 ク 2-1)
ソフトバンククリエイティブ
高橋 啓(翻訳)
発売日:2007-06-23
発送時期:在庫あり。
ランキング:251
おすすめ度:4.5
おすすめ度4 頑張っても売れないヒントが隠されています。
おすすめ度5 また、ヤッテしまいました。
おすすめ度2 ちょっと難しかった
おすすめ度4 先入観、思い込みの根深さ
おすすめ度3 人間社会における「臨界質量」「しきい値」を発生させるメカニズム

最新作の「天才!」を読んだ後に、興味が出たので買った一冊。が、これもなかなか面白い。ティッピング・ポイントという現象も興味深いし、このネットの世界の中ではあおそらくよく見かける事になるであろう現象だが、それを起こしうる、あるいはその性質である3つのポイントはいろいろ応用が利きそうだ。

整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣
東洋経済新報社
発売日:2009-06
発送時期:在庫あり。
ランキング:78

なんだかんだでやっぱりHack本は読んでいて楽しい。もっと細かい整理についての話かと思っていたが、今回は「環境をいかに整理するか」ということに重点が置かれていたような気がする。PC周りの同期などはiPhoneユーザーならば誰しもが一度は考えることであるし、雑誌のスキャンなども含めて完璧に環境を作るならば参考になる一冊である。
私は本は捨てたくない派なので、ここまでやりこむことはできない。

さて、来月はどんな本を読みましょうかね。

しかし当たり前だが、本を読めば読むほど読みたい本が増えていく状況というのは果たして「楽園」なのか「監獄」なのか。


最近読んだ本など
(メディアマーカーmyバインダー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です