LeMEでテキストファイルからEPUBファイルを作ってみた

簡単にEPUBファイルが作れるという「LeME」の噂を聞きつけました。

LeME | Let’s make ebooks!

実際に触ってみたところ、非常にお手軽です。ちょっとやってみましょう。

準備

LeMEは、サーバーにファイルをアップロードするタイプではなく、アプリケーションをダウンロードして使用するタイプです。

ダウンロード | LeME

環境にあったインストーラーをチョイスしてDLのち実行。とりあえず作成するだけならこれだけでもうOKです。EpubCheck、KindleGenをセットアップする場合は、「セットアップ | LeME」のページを参照してください。今回はまるっと割愛します。

作成

では、実際にやってみましょう。

まずは「新規作成」。

こちらが基本的な画面です。なにかテキストファイルを追加してみましょう。

Downloads – でんでんコンバーター」からテキストファイルを拝借しました。見出しの設定方法が違うので、中身に少し手を加えていますが、基本的には同じです。

右サイドバーから「目次ページを挿入」を選択。見出しを拾って自動的に目次を作ってくれるようです。

さらに画像ファイルも追加して、「表紙に指定」を選択しておきます。基本的にはこれだけです。下のタブから「ステップ2:本の情報」に移動します。

タイトルや著者名、出版社名などを入力。さらに下のタブで「ステップ3:作成」へと移動。

作成するファイルの保存場所&ファイル名がないので、任意でそれを設定します。

今回は、デスクトップの上に「sample.epub」というファイルで出力することにしました。で、「作成開始」。

ババっと、忍者が姿を消すぐらいの時間で作成完了。

きちんとファイルが作成されています。

iBooksで中身を覗いてみると、表紙の設定もうまくいっていますし、目次も動作しています。

もちろん本分もきちんと縦書きにレイアウトされています。問題ありません。

さいごに

というわけで、メチャ簡単にテキストファイルからEPUBファイルが作成できました。多少テキストファイルの作り方にコツがいりますが、その辺は以下のページでフォローされているのでそれをご覧ください。

テキスト編集のポイント(小説) | LeME

でもって、このLeMEは、wordファイルからもEPUBファイルが作成できちゃいます。アウトライン構造やスタイルを利用できるということですね。残念ながら私はwordファイルを使う環境にないので、その辺の利用感は実際に試して頂くしかありませんが、今回ご紹介したようにテキストファイルからでもかなり簡単に作成できます。EPUB作成の強力な味方と考えて間違いないでしょう。

ちなみにLeMEは無料で使えるのですが、ライセンスを購入すると、自動的に本の巻末に追加される画像を無くすことができます。本格的にこのツールで本作りを進めていく場合はライセンス購入を検討してみてもよいかと思います。

Related Posts with Thumbnails
Send to Kindle
Rashita
物書きをやっております。実用書から小説までなんでもござれのハイブリッド物書きです。 ライフハックや仕事術、知的生産などに興味があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です