0-知的生産の技術

どんな風にブログの記事を書いているのか

もちろん諸説あろうかとは思います。

でも、こういうブログって、基本的には友人に手紙を書くように書いたらいいんじゃないかなって気がします。あるいは、知人に語りかけるというか。

特に技巧というのが必要でもないし、かといって書き殴れば伝わらない。だからまあ、丁寧に書けばそれだけで十分ではないでしょうか。

そもそもとして、私たちはあまりおおやけに向けた文章を書く訓練をしていません。だから、ブログを始めたりすると、どうやって書いていいのかわからなくなってしまうわけです。

そんなときには、そういう教科書なんかをチェックしてしまうわけですが、そういう教科書って、基本的にアフィリエイトを稼ぐためとか、Googleに見つけてもらいやすくするためとか、将来ライターになりたい人向けのコンテンツであって、万人ならぬ万ブロガー向けとは言えません。

実は、もっとシンプルでいいのではないかと思います。それこそ、友人に手紙を書くような感じで。

たぶん、書く動機としては近況報告だったり、どうしても伝えたかったことを伝えるためだったりでしょう。そういうものって、妙な臭いがついていないから、とても素朴で楽しめます。

でもって、友人におくる手紙なら、使ったことのない商品をむやみに褒めたり、ページを分割したり、誤クリックしやすそうなところに広告を置いたりはしないでしょう。

ごく単純な話です。

ちょっとした情熱、あるいは友情。そして最低限の心配り。それさえあれば、後は野となれ山となれです。別段ブログを巨大メディアに育てなければいけない使命など背負っていないのです。気にする必要はありません。

最大の問題は、現代人は友人に手紙を書くなんてことをほとんどしない、ということでしょう。かく言う私も記憶にありません。

でも、なんとなく気持ちはわかります。姿勢はイメージできます。それくらいで十分でしょう。

さて、あなたはどんな風にブログの記事を書いていますか。

▼こんな一冊も:

ブログを10年続けて、僕が考えたこと
倉下忠憲 (2015-05-28)
売り上げランキング: 77,656
The Last Blogger
The Last Blogger

posted with amazlet at 18.02.02
R-style (2017-09-28)
売り上げランキング: 81,602

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です