告知

シン・裏NovelJamにて『ガベージコレクター -base-』を発表

以前、「裏NovelJam2018」について紹介しました。こういう風にオンラインでも盛り上がれるのは楽しいものです。

一方、天の邪鬼属性Sの私としては、苦い思いもありました。それは、「公式が認めているなら、もうそれは裏ではないのではないか。裏というのは、もっとこうアングラな感じがあるものではないか」、という想いです。ひねくれていますね。

でもまあ、そんな大人げないことを言っていても仕方がないなと反省し、私も裏ジャムに参加しようとしていたのですが、体調不良などもあって締切には間に合いませんでした。でもって、字数もややオーバーしています。

それでもまあ、完成しちゃった作品に責任はありません。そこで、シン・裏NovelJamです。

シン・裏NovelJamとは何か?

本式のNovelJamが3日間で本を作り上げて、表紙まで付けて、BCCKS上で販売しちゃうところまで持っていく、というコンセプトなのですから、裏式もそれに準じよう、ということです。つまり、投稿サイトにアップするのではなくBCCKSに「本」を登録しちゃおう、というコンセプトです。

で、はい。完成しました。

BCCKS / ブックス – 『ガベージコレクター -base-』倉下忠憲著

一万字を余裕でオーバーしていますのでNovelJamの規則にピッタリ沿っているわけではありませんが、それはまあ緩くいきました。「自分のルールは自分で作る」。それがセルパブ魂です(多分)。

もちろん、お題の「平成」もきっちり消化していますよ(多分)。

でも、これだけだと単にひとりで電子書籍を作っただけですね。それでは面白くない。というわけで、Scrapboxに特設ページを作りました。

ガベージコレクター・プロジェクトページ – Scrapbox

ここに作成時のデータをアップしていきます。

さらに、です。BCCKSの本のタイトルに注目してください。 『ガベージコレクター -base-』とあります。そうです。baseなのです。

最終的には本作を肉付け・ブラッシュアップして、もう少しボリュームのある作品に仕上げようと考えています。で、その作業過程なんかも上のScrapboxにアップしていきます。この辺が若干NovelJam的ですね。

というわけで、『ガベージコレクター -base-』の感想等を頂ければたいへんありがたく思います。校正作業などでご協力下さる方は、上のScrapboxを覗いてみてください。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です