Sharing is Power!

09年総選挙、終わり。

2009年8月30日の衆院選挙が終わった。
大きなテーマとして打ち出されていた「政権選択」は民主党が勝ち取った形となった。

民主党は308という圧倒的な議席を確保した。これにより衆参のねじれ関係も解消し、国会の運営スピードは上がっていくだろう。
今まで政権を担当したことのない党がその椅子に座る、というのは日本国内ではかなり特異なイベントである。しかし民主党には大きな浮かれもあまり無いようだ。

今後、こうやって二大政党が時折与党と野党の立場を変える、というあるべき姿に近づいていくのだろう。その中で党ごとのはっきりとした対立軸も生まれてくるかも知れない。

しかしながら、その二大政党が自民党・民主党の構図になるか、というと必ずしもそうは言えないと思う。

大きく議員数ののばした民主党は、さらに寄せ集め所帯の趣が強くなるのだろう。
若手の議員が増えたことにより、古株の議員との対立が起こることも考えられる。
大きくなったがゆえに、内部に分裂が起こる可能性は十分あるのではないだろうか。
自民党内部もまとまっていないことから考えて、何かをキッカケに政界再編が起こると考えてもよいのではないだろうか。

むしろ、そういった再編があって、本当に主張を同じくする者同士が政党を作る場面が生まれれば、本来の民主主義の構図にようやく立ち返ることができるのではないだろうか。

さすがにこれほどの圧勝をした民主党が自民党などの揺さぶりで解散に追い込まれるとは考えにくい。しかし内部からの圧力は1年程度経てば大きくなってくるだろうし、間違いなくその時には国民は民主党にすでに「飽きている」はずである。

今回の解散総選挙は大きな変化の一歩であった。しかしそれはまだ流れの一端でしかない。
民主党が大きく日本を良い方向に変えていける力を持っているとは期待しにくい。

しかし、国民が「我々の手で政権を選んだ」という感覚を持つことができれば、投票と政治のフィードバックがうまく働き、何も出来ない政党は徐々に身動きが取れなくなってくるのではないだろうか。

そのとき、もし日本国民が愚民ならばこの国はとんでもない方向に進むだろうし、すくなくともまともな見識のある人間が多数を占めるならば、明るい兆しの見える国になっていくだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です