タスクを管理する その2:7wrinerの用途

前回の続きで、7wrinerを使ったタスク管理をみていきましょう。

7ライン

7wrinerには7つのラインがあります。そして、その使い方は自由です。

たとえば、一日一ラインとして、一週間分の「デイリータスクリスト」を作る手があるでしょう。

あるいは、一プロジェクト一ラインとして、7つ分のプロジェクトデータを扱う手もあります。

ここまでは、よくある話ですね。

雑多

7wrinerは、ラインは自由に使えます。よって、上記を混ぜることも可能です。

6つのプロジェクト+日ごとのタスク。これはプロジェクトに所属するタスクがメインで、日ごとのタスクが少ない場合に使えます。

無論、逆も可能でしょう。月曜日〜金曜日までの5ラインを作り、残り二つでプロジェクトやらその他のタスクを管理する。そういう使い方もできます。

my運用

もっと雑多も可能です。

  • デイリータスクリスト
  • 日ごとのメモ
  • 残しておきたいメモ
  • プロジェクトの覚え書き
  • 今月/来月やること
  • 近々やること
  • 遠い将来やるかもしれないこと

まず、日ごとの基本的なタスクをテンプレートとして保存しておきます。そして、そのテンプレートを一日一回、朝に「デイリータスクリスト」ラインに呼び出します。あとは、左のプロジェクトラインを参照しながら追加・削除を行いその日の「デイリータスクリスト」を完成させます。

それを参照しながら日中作業を進め、一日が終わればリストをコピーして、Evernoteに貼り付けて、ラインからは全削除。これで次の一日を迎える準備が調います。あとは、それを繰り返していくだけです。

ちなみに、7wrinerではカードの内容をすべて選択するのは結構ハードなので、coommand(winならalt)+↑で表示されるプレビューモードを使います。

ここで選択してもいいですし、テキストのどこかをダブルクリックすれば全文選択になります。

コピーしてどこかに貼りつければログが残せます。

さいごに

7wrinerの特徴は雑多さにあります。一つをデイリータスクリストに使ったからといって、その他のラインも同じように使う必要はありません。二つを併用したり、すべてを別の用途に使うこともできます。その辺りの設計は、使いやすいように自分でデザインしてください。

というわけで、三つの使い方について紹介してみました。次回は保存まわりの話をしておきましょう。

タグ: