Scrapboxに本の情報を取り込むブックマークレットを作りました

二つあります。

一つがメディアマーカーのページから取り込むもの。

メディアマーカーの「個別ページ」を開いて、ブックマークレットを発動すると取り込まれます。これはまあ、私がメディアマーカーを愛用しているから作ったツールです。

もう一つが、Amazonのページから取り込むもの。

上のページにも書きましたが、「Amazonの書籍商品ページからScrapboxに、書籍の画像付きページを作るブックマークレット | ひびテク」のコードを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

ぜひどうぞ

さてさてさ〜て、ここからが本題です。

メディアマーカーの方はまったく私専用っぽいですが、Amazonの方は汎用性が高いだろうと判断しました。

で、まどべさんが、

見たまんまスクラップ – Scrapboxとあそぶ – Scrapbox

において、非常にユーザーライクにブックマークレットを提供されていたので、一念発起して私も真似してみました。ええ、半日仕事でしたよ。

bookmarkletメーカー

使い方は簡単です。プロジェクト名を放り込んで、「生成ボタン」をぽちっと。リンクが生成されるので、それをブックマークツールバーにでも放り込む。完了です。

https://gyazo.com/f8d7565e9dd89537f9590ec5a77ea8da

で、これを実際に使ってみると、

▼紙の書籍
https://gyazo.com/9049115e99aa0b3c0a1b99cc8b444804

▼Kindle
https://gyazo.com/3fcbab86d23bf438abc97df49c3627b0

と、無事どちらで動きます。

タイトルと表紙画像だけでなく、著者名や翻訳者名なども貼りつけられます。ついでに#本のハッシュタグも入ります。あと本のタイトルであることを明示するためにページタイトルには『』が入ります。

気に入らなければ、コードのそれっぽいところを削除してください。一応参考までに書いておくと、

タイトル:
title = ‘『’+ title +’』’

改行してハッシュタグ本:
‘\n#本’

著者情報など:
pub.join(‘ ‘)

あたりをごにゃごにゃすればなんとかなると思います。

あと、MacのFirefoxとChromeでは動作確認しましたが、それ以外がまったくわかりませんので、あしからず。

それでは、楽しいScrapboxライフを。

コメントを残す