Scrapboxでの記事執筆

最近、Scrapboxで執筆できないかを実験中です。

その一環をご紹介。

init()

まず、その日のノートを作ります。デイリータスクリストみたいなものですが、ここでは簡易にデイリーノートと呼んでおきましょう。

で、そこに今から執筆を始めようと思う原稿のリンクを作ります。えっ、書き始める前にタイトルなんてわからない? ですよね。ですから、企画名とか何かそういうものを当てます。で、リンクをクリック。

※仮で良い

※リンクにする

※リンクをクリック

さっそく執筆をスタートしましょう!……という前に、軽くメモを作ります。具体的に書くことは決まっていなくても、何か漠然としたアイデアとか方向性は見えているかもしれません。それを書きます。リンクにして。

※リンクを書けば

※ページが出てくる

そうですね。そうすると、下に別のページが表示されますね。もしかしたら、そこで見つかったノートが何かヒントになるかもしれませんし、しれないかもしれません。ヒントになったらラッキー程度の感触で大丈夫でしょう。

あるいは、その原稿が何かしらの連載ならば、その連載名をハッシュタグとして添付してもいいでしょう。そうですね。そうすると、過去に書いた原稿が下に表示されます。昔書いたことがヒントになることもあるでしょう。うまくいけばもうけものです。

main()

あとは、本文を書いていきます。

ここは普通のエディタで書くのと一緒です。

ただ、文中に何かキーワードっぽいものが現れたら、それをリンクにすることで、これまた下にページが表示されます。それもヒントになるかもしれません。

あと、私はこのブログでは書籍を紹介するのですが、結構同じような本を取り上げます。で、そのたびごとにアフィリエイトリンクを作っていたのですが、単に書籍名を入力してそれをリンクにすれば、

下にページが出てきますし、それをクリックすれば、ばっちりアフィリリンクが取得できますね。もちろん、事前にそういうページを作っているからできることですが、一度作っておけば、後からの再利用は簡単です。

というように、リンクを使うことで、過去に蓄積した情報へのアクセスルートが簡単に生まれる点がポイントです。ここで重要なことは「検索」という一手間が必要ないこと。同じページ上に表示されるので認識感覚における「移動」が発生しません。

ただ、別のページのデータを利用するためには、ページを「移動」する必要がある点は多少ネックです。ぜいたくかもしれませんが。

一応、Chromeを使っていて、daiiz製のChrome拡張機能をインストールしている場合は、そのページから移動することなく別のページのデータをコピーできるのですが、htmlタグが解釈されてしまうので、テンプレートの種類によってはうまく使えないこともあります。

あと、私は生粋のFirefoxユーザーなのでそもそも無理ゲーです。

close()

とりあえず、そうして文章を書き上げたとしましょう。

すると、タイトルを決定する必要がありますね。

本文の中身合わせてタイトルを改変しましょう。そうですね。Scrapboxではタイトルを書き換えたら、それをリンクとして持つ別のページの中身もきちんと書き換えてくれます。

※こちらを変えれば

※こちらも変わる

だからこそ、最初にページを作るときは仮タイトルでよいのです。このフレキシブルさがいいですね。

で、書き終えた原稿については、キーワードなどをリンクにしておけばOKでしょう。もしかしたら、別の原稿のヒントになるかもしれないので。

もし、執筆中に総文字数が気になるなら、「見える文字数カウンター – Scrapboxとあそぶ – Scrapbox」を導入してみるのもよいでしょう。右下の方にクールに総文字数を表示してくれます。

とりあえずは、こんなところで。

タグ: