物書き生活と道具箱

週次レビューを続けることで得られる3つのメリット

タスク管理における技法の有名どころGTD。しかし多くの人がこれを実行しようとして躓くのが週次レビューです。週に一度システム全体を見返すという意味合いを持つこの週次レビューを継続的に実施しない限りGTDは機能しません。

「佐々木正吾のライフハックス心理学」(週次レビューとヒューリスティックス)で心理的な抵抗感について解説された記事がありますが、今回は逆に週次レビューを行うことによって得られるもの(メリット)3つを個人の視点から上げたいと思います。

・GTDを継続できる
・やり終えた後のすっきり感
・タスク(プロジェクト)に対する意欲がわいてくる

GTDを継続できる

これは先ほど述べたことを逆に言い換えただけです。週次レビューあってのGTDです。継続のためには週次レビューは必須だといっていいでしょう。そしてそれを実施し続けていれば「ストレスフリー」の状態を維持することができます。
すくなくとも自分の地図は自分で持っている、という安心感をもって仕事に当たれるでしょう。

やり終えた後のすっきり感

これは個人差があるのかもしれませんが、週次レビューを終えた後は「あぁやり終えた~」というスッキリ感を私は強く感じます。家計簿の整理や投資情報の整理も含め一週間分の整理をまとめてやるとかなりの達成感を得ることができます。これは私にとっては心理的なご褒美です。
一週間散らかし放題だった部屋を整理し終えたあとの感覚に似ているかも知れません。
これは単に私が整理好き、だからかもしれません。

タスク(プロジェクト)に対する意欲がわいてくる

これはGTDを実践してある程度経つまでは気がつかなかったのですが、一つ一つのタスクやプロジェクトに対する自分のモチベーションが変化しました。
自分自身が全てのタスク(プロジェクト)を管理しているということのストレスフリー状態に加えて、垂直的視点からの自分の進む方向性を決定しているという「自主性」が要因になっていると思います。

週次レビューを行うことで、次の一週間に行うべきものを自ら見いだすことができ、それに対して力強くアプローチしてくことができます。
これが最初の1回だけ頭の中の気になることを追い出しただけであとは週次レビューを行わないと、日が経つにつれ自分が仕事をコントロールしているのではなく、徐々に追い込まれて仕事にコントロールされている状況をつくり出すことになってしまいます。

「仕事に追われたくなければ、仕事を追い回せ」
が最近の私のお気に入りの言葉ですが、まさにそういう状態を作り出すことができると思います。

まとめ

結局の所、GTDはタスクを管理する事とともに自分のモチベーションも管理する事も要素として含まれています。言い換えれば自分を整理し、管理するということです。
視点を変えて「タスクを整理する週次レビュー」から「自分のメンテナンスを行う週次レビュー」という風に捉え直せばすこしはやる気がわいてくるかも知れません。

私自身は土曜日の午前中は聖域時間として何もスケジュールを入れないと決めてそこで週次レビューを実施しています。初めはやや億劫だった記憶もありますが、一度習慣化されると週次レビューをしないと気持ち悪い、という状態になります。これは私がシステムそのものを信頼した、と言えるかもしれません。ここまで来ると続けること自体はまったく難しくありません。

週次レビューを続ける上でいろいろな工夫があると思います。皆さんの工夫など教えていただければ幸いです。

追記

実は単に週次レビューといっても、それをどのように行うかというのが結構難しい問題を含んでいるとともに、自分自身の環境にあったやり方ならばどんなやり方でもOKという投げやりな答え方も可能な週次レビュー。

が、ゆえに実行し続けるのは難しいのかも知れません。こうすればOKという型にはまったマニュアルがあるものは続けるのも容易ですが、それが効果的かどうかは疑問です。

もちろん最低限抑えておくべきポイントはあるはずで、それは継続的にGTDを実践している人がどのような週次レビューを行っているかをインタビューして、共通のポイントを抽出すればある程度見えてくるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です