告知

「日記論」を集めたムック本を作ってみたい

以下のツイートを見ていたら、ふと思いつきました。

いろいろな人の「日記論」を集めた電子書籍を作りたい!

日記って、けっこう面白いテーマなんですよね。いろいろな枝が伸びています。知的生産の技術につながったり、文房具につながったり、セルフマネジメントにつながったりと含んでいるテーマが多用です。あと、このブログだって、一種の「ログ」なわけで、日記的と言えば日記的でしょう。

日記とは何か、どうつけるか、私たちと日記、デジタル日記の将来……みたいなことって、いろいろあるんじゃないかな、と。

で、ブロガーさんは、やっぱり「ロガー」なので、その辺にいろいろ意見をお持ちの方も多いのではないか。それを一冊の本にまとめれば面白いのではないか。

なんて妄想が膨らんできました。アンソロジーというか、ムック本というか、何かそういう感じです。

で、そう考えると、同じようなことって、いろいろやりたいわけです。たとえば、「2018年にわざわざブログを書いていること」についてブロガーさんに語ってもらうとか、そういうのも面白そうですよね。

で、私は「かーそる」という電子雑誌をやっているのですが、あの感じはたぶん重厚なので、もう少しライトに気軽な感じでやりたい。テーマを設定して、そのテーマで何か書きたい人が集まって時限性のチームを作り、雑誌が完成したら解散する。そういうアプローチです。

5人程度でも集まれば、最低1万字ほどの原稿はできるでしょうし、もう少し集まればそれなりの「本」のボリュームにはなりそうです。決して不可能な数字ではありません。で、BCCKSで本を作って、印税を分配して、あとはご自由に、というノリ。悪くない気がします。

選択肢としてnoteのマガジンでそれをやってしまう手もありますが、その辺の落としどころは実際やってみるまでちょっとわかりません。

むしろ必要なのは、そのようなムック本作りをどのように進めればいいのか、という議論でしょう。

というわけで準備室を作りました。

ブロガームック本準備室

ここでいろいろ考えたいと思います。とりあえず現状は、

「日記論について何か書きたいぜ!」という方

のご参加をお待ちしています。

では、では。

日記のすすめ: 日記で人生はもっと楽しくなる!!
(2017-12-25)
売り上げランキング: 1,478