物書き生活と道具箱

オリジナルA5書き込みようリフィル

さて、アイデアマラソンで私はA5サイズのルーズリーフを使用しています。

一冊のファイルノートに最近のアイデアを書き込んだルーズリーフや自分のミッションステートメント、あるいは株価の動向など簡単に書き込んだものをはさんで使っています。

しかし普通の横罫だけでは面白くないため、PCでリフィルを自作し無地のルーズリーフに印刷して使っています。

以下主な5例を。

つぶやきメモ

つぶやきメモ
つぶやきメモ

ツイッター風のメモ。考えを要約したいときなどにこれに書き入れます。

枠というビジュアル的制約があると脳の思考の方もぎゅぎゅっと締まっていくもの。
自分は何が言いたいのか?を考える際などに便利です。

マンダラ

マンダラ
マンダラ

有名なマンダラチャートを作るためのリフィル。
中心にテーマを書き入れ、その他のアイデアを他の枠に埋めていってアイデアを広げていくという手法。

マインドマップ風

マインドマップ風
マインドマップ風

正確にはマインドマップとは異なる手法ですが、中心の円の中にキーワード(テーマ)を書いて、思いつくままに円の外に言葉を書いていきます。
マンダラの方はまとめる思考、マインドマップ風は広げる思考の場合と使い分けています。

記事の下書きメモを書くときなんかにも使えます。

プロジェクト

プロジェクト
プロジェクト

プロジェクトといってもGTD的な「複数のタスクからなるもの」ではなく、実行するのに長期を要する目標or理想の状態を管理するもの。

小さい方のブロックに目標を書き、大きい方のブロックに何故それを目指そうとしたのかという自分の動機と、どのような手段を自分はもっているのか書き込みます。

これは週次レビューでチェックして思いついたことがあれば書き加えます。
こういったものは自由に書くよりも枠を定めて自分なりの要点をまとめた方が良いと思いこういったスタイルで管理しています。

レビューメモ

レビューメモ
レビューメモ

上からタイトル、データ、コメントとなっています。その名の通りレビューを記録しておくためのメモ。読書メモとは別に、映画や小説や音楽などの感想を書き記すためのメモです。読書メモと同じところで管理すると少々違和感があるので、別枠で管理する手法をとっています。

まとめ

とまあこんな感じのリフィルを自作して日々使い込んでおります。使い勝手の良い物は自作するのが一番というポリシーに加えて、ただ単にこういうのを作るのが好き、という個人的要件に基づいていそいそと制作・改良を続けております。

皆様もこんなリフィルあるよ、というアイデアがあればぜひ教えて下さいませ。

参考サイト:

「制約のある中で思考する」マンダラチャートのアイデア発想法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です