Scrapboxプロジェクトをいくつか統合へ

新しくツールを使い始めたばかりの頃って、「ほほぅ、何ができるのか見せてもらおうか」と言わんばかりにいろいろなことを試したくなります。

で、その延長線上でScrapboxでもけっこう大量のプロジェクトを作ってきたのですが、ある程度使っていると、「あっ、このページ、あのプロジェクトにあった方がいい」みたいなことに気がつくことも少なくありません。まあ、もとからきちんと計画してプロジェクトを作っていたわけではないので、そういうズレが起きるのは避けられないでしょう。

というわけで、ある程度使い込んできた結果、いくつかのプロジェクトを「考えて、生み出す技術(TAC)」に統合しようかと考えています。

具体的には、以下のプロジェクト群です。

Webリファレンス
本の感想箱
企画案hub

「Webリファレンス」は、ようするにブックマークページで、それ単独であるよりも、「知的生産系で参照したいページ群」として「考えて、生み出す技術(TAC)」の中にあった方がいいのではないかと思います。タスク管理系ならタスク管理系プロジェクト、出版系なら出版系プロジェクトに配置しておく。そういうやり方の方が良さそうです。でもって、単なるブクマだけなら、「Kurashita’s Object Collection」の方が、その役割にあってそうです。

というわけで、そういう形に再配置していこうと思います。というか、それ以前に、面白そうなページを見つけたときに、このプロジェクトの存在をまるっきり忘れてしまっていたので、ある意味でより実践的な形に再構成すると言い換えた方が良いでしょう。

で、「本の感想箱」も、的生産系の話題に分類できますし、みんなで本の企画案を共有しようという「企画案hub」も、がっちり知的生産の話です。この辺については、わざわざ分けておく必要はありませんね。

なので、これらの役割を少しずつ「考えて、生み出す技術(TAC)」に移行していこうと考えています。

上記は、結構はっきり指針が定まっているのですが、問題は別のプロジェクトにあります。

・Kurashita’s Object Collection
倉下忠憲の発想工房
倉下忠憲のポートフォリオ

これらは、基本的に別の役割を持っているのですが、ときどき「一緒でもいいかな〜」という感覚が湧き上がります。断言できるほど強い感覚ではないものの、ちょっと足を止めて考えたいくらいの感覚です。

ただ、これらのプロジェクトは「存在すら忘れていて長らく放置されている」ということはなく、自分の中で明確な区切りはあるので、もうちょっとこのままの状態でいこうかな、とも考えています。

この辺は、実際に運用してみて都合・不都合を確かめていくしかありませんね。

というわけで、少し大きめなプロジェクトのリファクタリングについてでした。

とりあえず、数を増やしすぎると、存在を忘れることがあるので、役割が重複しているもの、メンバーが同一のものはまとめておくのが良さそうだと思います。

では、では。

▼新刊発売中:

Scrapbox情報整理術
Scrapbox情報整理術

posted with amazlet at 18.08.29
シーアンドアール研究所 (2018-08-16)
売り上げランキング: 2,438
タグ: