“これは記事ではありません”

もちろん、この文章は記事です。

でも、「倉下忠憲の発想工房」に書いているものは、記事ではありません。少なくとも、私の中にはそのような認識があります。

「記事」でないから、

・途中で公開してもいい
・中途半端でいい
・オチがなくていい
・説明不足でもいい
・読み応えがなくてもいい

という認識が私の中に起こります。それが、ページの気軽な作成及び更新を助けてくれるのです。だから、ざくざく書いていける。だから、サクサク増やしていける。そんな感覚があります。

やっぱり、R-styleという場所に何か書き物をアップする場合、私はそこに避けがたく記事の気配(あるいは要請)を感じてしまいます。私にとってR-styleという場所は「きちんと読める記事」を書くところだからです。そのつもりで、その意図で、10年以上このブログを更新続けてきました。そうして形成された認知は、簡単には揺るぎません。

緊張しないでおこう、と思っただけで緊張しなくなるわけではないのと同じように、もっとR-styleについて気楽に考えようと思ったところで、積み上げられた経験と認知は簡単には崩れないのです。

それとは違う場所を、「倉下忠憲の発想工房」には求めました。

だから、とりあえず書き上げた記事を自動的に更新ツイートするようなことはしていません。そんなことをしたら、「一行だけ書いておく」みたいなことがまったくできなくなります。人に見られることが意識されはじめ、徐々に「ブログ」の意識が入り込んできます。そうであるならば、別にそこに書く必要はないでしょう。R-styleなりnoteなりに書けばいいのです。

せっかく新しいメディアなのですから、新しいことをそこで行う。

そう考えるのは、哀しい人間の性なのかもしれませんが、それが一つの原動力になることもたしかです。

もちろん、「倉下忠憲の発想工房」だって、豆論文的なものは目指しています。少なくとも、他人様が読んで中身が理解できる程度には文章を整えます。だって、そうしないと5年後の自分にとっても意味不明ですからね。

ただ、そこにしっかりとした読み応えみたいなものは求めないし、自分から編み込むこともしない。そこにあるのは、ストーリーでもメッセージでもなく、単純なインフォメーション──というと少々語弊があるかもしれませんが、目指しているところはシンプルな情報提供です。それがリンクで結び合わさっていくところに、「倉下忠憲の発想工房」の面白さがあります。

「倉下忠憲の発想工房」に書いたものは、他の人に読んでもらえたら嬉しいものの、「ぜひ読んでください。これを読まなきゃ損ですよ」と私が胸を張って主張するようなものではありません。適当にパラパラと見て、へ〜と思ってもらえれば十分な代物です。

そういう期待感の薄さが、逆に私の更新のしやすさになっています。

というわけで、ブログはブログとして、ScrapboxはScrapboxとして進めていきます。

もちろん、人によってはScrapboxをブログ的に使うのは十分ありでしょう。単に私は、このR-styleというブログが大好きで、離れる気持ちにならないだけです。