7-本の紹介

それは、悪魔の呼び声。早川文庫【最大50%OFF】海外SFセール (9/25まで)

最近タイトルで遊ぶのが好きです。

さて、先日科学本のセールでどかどか早川さんの本を買っちゃったわけですが、

まるでコンボのように次のセールが始まってしまいました。

【最大50%OFF】海外SFセール

なんと恐ろしい響きなのでしょう。まるで三途川で積ん読の石を積み上げることを強制してくる悪魔の声のようです(いろいろ混じっている)。

というわけで、これをご覧の皆さんにも、ぜひ積ん読マウンテンを積み上げてもらおうと思い、セール対象の中から「これは!」という作品を紹介してみようと思います。積ん読マウンテンを積み上げたくない方は──ブックマークでもしておいて──、ブラウザバック推奨ですね。

一九八四年

一九八四年 (ハヤカワepi文庫)
早川書房 (2012-08-01)
売り上げランキング: 36

ディストピアSFとしては定番中の定番。ネットでよく使われる「ビッグブラザー」という言葉の感触を掴みたかったら、やっぱり原典である本書を読んでみるのが一番でしょう。

一部のSNSやネットでは、二分間憎悪を再現しているのではないかとも思えるエコーチャンバーも発生しているので、ますます現代的な話でもあります。

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
早川書房 (2012-08-01)
売り上げランキング: 59

こちらは、AI/ロボットものの定番ですね。『ブレードランナー』の原作ということでも有名でしょう。

夏への扉

夏への扉
夏への扉

posted with amazlet at 18.09.19
早川書房 (2013-05-24)
売り上げランキング: 82

あんまり書くとあれですが、いわゆるタイムトラベル/過去改変ものです。でも、結構センチメンタルな気持ちになっちゃう作品です。でもってチャーミングな作品でもあります。あとはまあ、読んでみてください。

華氏451度

華氏451度〔新訳版〕
華氏451度〔新訳版〕

posted with amazlet at 18.09.19
早川書房 (2014-07-28)
売り上げランキング: 237

「汚物は消毒だ〜」と叫びながら本を焼く小説です。嘘です。本に代表される文化というのは、一体何のためにあるのか。なかなか難しい問題です。

ファウンデーション・シリーズ

ファウンデーション
ファウンデーション

posted with amazlet at 18.09.19
早川書房 (2014-08-28)
売り上げランキング: 398
ファウンデーション対帝国
早川書房 (2014-08-28)
売り上げランキング: 559
第二ファウンデーション
早川書房 (2014-08-28)
売り上げランキング: 578

アイザック・アシモフの超長編作品。銀河帝国興亡史。天才科学者セルダンの心理歴史学による精緻な予測。さあもう、読むしかありませんね。

幼年期の終り

幼年期の終り
幼年期の終り

posted with amazlet at 18.09.19
早川書房 (2012-12-21)
売り上げランキング: 105

何度か紹介していますが、とてもパワフルな作品です。序盤の展開と、そこからの転調の落差というか勢いがすごいです。でもって、たとえば『一九八四年』と読み比べてみたときに、どちらが「幸せ」なのかって、なかなか答えの出ない問題になってきます。

火星の人

火星の人
火星の人

posted with amazlet at 18.09.19
早川書房 (2014-09-30)
売り上げランキング: 168

爆笑必至。知的好奇心も刺激され、でもって勇気をもらえる作品です。映画『オデッセイ』を観て、「へぇ〜、悪くないじゃん」と思った方は、ぜひぜひ原作のこちらも。

紙の動物園

紙の動物園 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)
早川書房 (2015-05-29)
売り上げランキング: 163

圧巻。いや、これ、すごいっす。非常に繊細、非常に不可思議。独特の文体と独特の世界観です。

アルジャーノンに花束を

アルジャーノンに花束を〔新版〕
早川書房 (2015-04-30)
売り上げランキング: 165

スーパー切ないやつです。人間にとって幸福とは何かを、結構考えさせられます。

われはロボット

われはロボット〔決定版〕
早川書房 (2014-09-30)
売り上げランキング: 150

こちらもAI/ロボットものの定番ですね。人間がいかにロボット(人工知能)をデザインするのか、デザインすればいいのか。そして、人間とロボットの共存的な関係とは。そういう視点で楽しめます。

量子怪盗

量子怪盗 新★ハヤカワ・SF・シリーズ
早川書房 (2012-10-15)
売り上げランキング: 14,252

結構さっぱり感のあるSFで、いっそ清々しいくらいです。でもまあ、量子怪盗って響きだけでもう勝ちですよね。ウィナー。

さいごに

というわけで、定番を中心に紹介してみました。どれも面白いので、ぜひどうぞ。

あと、ハヤカワSFが好きなら、『バーナード嬢曰く。』も楽しめるかもしれません。

バーナード嬢曰く。: 1 (REXコミックス)
一迅社 (2014-04-18)
売り上げランキング: 236