BlogArts

自分にとって面白いブログであるということ

以前、「あなたにとってブログとは?」という記事を書いた。

で、自分でも考えてみたが、はっきりした答えは出てこない。曖昧としているのではない。数が多すぎるのだ。子供のおもちゃ箱のように、そこにはさまざまなものがぎっしり詰め込まれている。自分にとってブログとは単純なものではないし、単純なものに還元できるものでもない。

そんなとき、エゴサーチしていたら、次のツイートを見つけた。

こういう感想はとても嬉しい。何しろ面白がってもらえるように書いているのだから。でも、自分がそこで何を書いたのかはぜんぜん覚えていなかったので、自分でリンクを踏んで、改めて自分でこの書評記事を読んでみた。

面白かった。そう面白かったのだ。なにせ、自分が面白いと思えるように記事を書いているのだ。その内容を忘れた自分が読んでも面白いはずである。未確認飛行物体から出ている謎のビームに吸い込まれて脳を改造されていたならともなく、時間が経っても、そんなに大きく興味の針が振れることはない。自分が面白いと思って書いた文章は、将来の自分だって(それなりに)面白く思える。

やっぱりこの点が大きいのだと思う。

そのときの自分が面白いと思う文章を書く。そうしたらたまたま目にした人が面白がってくれる。価値を見出してくれる。でもって、将来の自分も同じようにその文章を面白がる。価値を見出す。そういうことがあったから、これまで自分はブログを書き続けてきたのだろうし、きっとこれからも書き続けていくのだと感じられるのだろう。

評価は、横に並べるもので変わってしまう。「本を書くこと」と「ブログを書くこと」を横に並べると、いかにも生産的でないように感じられる。「物を売ること」と「ブログを書くこと」を横に並べると、(このR-styleでは)いかにも非効率なことをやっているように感じられる。

だからまあ、その点については深く考えないようにしたい。ブログを書くことは、ブログを書くことなのだ。それは趣味であり、自分の蓄積であり、できることなら市民としての貢献であって欲しい。そんなものが入り混じるものは他にはないし、だったら同じ天秤に乗せてはいけない。話がこじれるだけだ。

ブログというものが、この社会において個人が自らの手で情報を発信できる装置であることは疑いないし、それをどう利用するのかは個々人の判断に任されている。何かをアピールしてもいいし、何かを主張してもいいし、何かをお裾分けしてもいい。もちろん、何かを売り込むのだって自由だ。そのことで言い争っても仕方がない。ビジネスならビジネスのレイヤーで、言論なら言論のレイヤーで、それぞれ役割を検討すればいい。

でもまあ、それって別にブログじゃなくてもいいよな〜と思うことがないわけではない。もちろん、そんなものはアウトサイダーの詮無いつぶやきにすぎないわけで、声高に主張するようなことではない。

だからまあ、今日も私はこうしてブログを更新している。それ以外に何かを証明することってたぶんできないだろうから。もちろん、これで何かが証明できる保証もまったくないわけだけれども。

▼こんな一冊も:

ブログを10年続けて、僕が考えたこと
倉下忠憲 (2015-05-28)
売り上げランキング: 63,978