メディアマーカーからブクログへの移行 その1

まずはお疲れさまでした。

メディアマーカー – お知らせ / メディアマーカーを終了します。

メディアマーカーを終了します。

突然でありますが、2019年1月20日をもって当サービスを終了させていただきます。

そして、ありがとうございます。

2008年頃から使い始め、トータルで2000冊以上のメディアをこの場所に放り込んできました。「これ、無料で使ってていいのか」と何度も思ってきたサービスですが、事情により終了してしまうのは仕方がありません。今後のますますの活躍を期待しております。

というわけで、問題は「さて、これからどうする?」です。

既存のデータは

まず、既存のデータについては、私はEvernoteがあります。

メディアマーカーに本を登録したらEvernoteにノートを作る、という動線を作っていたので、メディアマーカーが使えなくなっても、購入書籍データがなくなるわけではありません。

とは言え、これから登録していくことは別途考える必要があるでしょう。

では、どのサービスに移行するのか?

Scrapboxでは?

正直なところ、「Kurashita’s Object Collection」というScrapboxプロジェクトを作っているので、書籍の管理はもうこれでいいかな、という気がしないではありません。一応未読管理とかもタグでできますしね。

でも、一ヶ月の購入金額とか読書量とか、そういうのをデータとして閲覧することは難しいので、やはり別途本棚管理サービスは使いたいものです。

その他のサービスは?

細かく研究したわけではありませんが、私がTwitterでよく見かけるサービスは次の二つです。

ブクログ
読書メーター

どちらも良さそうなサービスですが、ブクログは以前アカウントを作っていたのでちょこちょこさわってみたところ、これはこれでいけそうな感覚があります。

特に、CSVで一気に本を登録できる点が、移行に関しては良さそうでした。まったく新しく一から作るよりは、メディアマーカーのデータから引き継ぎたいですからね。

というわけで、ちょっと移行してみましょう。

CSVによる移行

まずはメディアマーカーからCSVファイルのエクスポートです。

設定画面の右のサイドバーに「CSVエクスポート」があるので、それをクリック。

するとエクスポートする項目が設定できます。

困りました。一体どの項目を使えばよいのでしょうか。

ここでブクログの説明を読んでみます。

まとめて登録 (CSV)

サービスID, アイテムID, 13桁ISBN, カテゴリ, 評価, 読書状況, レビュー, タグ, 読書メモ(非公開), 登録日時, 読了日

わかるものもありますが、サービスIDとアイテムIDがわかりません。

サービスIDとアイテムIDとは何ですか? | ブクログの使い方

※サービス名 / サービスID / アイテムID
■Amazon.co.jp / 1 /ASINコード
■Amazon.com / 2 / ASINコード
■パブー    / 3 / http://p.booklog.jp/book/[この部分の番号]
■iTunes Store / 4 / http://itunes.apple.com/jp/app/id[この部分の番号]

だいたいはAmazon.co.jpで登録しているので、サービスIDは1、アイテムIDはASINコードを入れておけばOKっぽいですね。

というわけで、合致しそうなデータをセレクトしてみました。

これでCSVエクスポートすれば、それっぽいデータが取得できます。

が、ここで出力されるデータと、ブクログにインポートできるデータの形式は一致していません。第一に順番が違うのと、第二にサービスIDのデータがないのと、第三に「状態」の文言が違うことです(例:読了→読み終わった)。

これをなんとかしなければならないわけですが、それは次回にて。

▼こんな一冊も:

ソーシャル時代のハイブリッド読書術
C&R研究所 (2016-04-21)
売り上げランキング: 93,291