Scrapboxの用法

構造に配置せず、そのまま漂わせる

ふむむ。困りましたぞ。

「どうせ記事にしきれないメモたち」の供養祭 – 倉下忠憲の発想工房

ここの下の方にpending案件を案件を放り込んでおるのですが、その数がどんどん増えていることはさておき、扱いに困る案件が出てきたのじゃ。

たとえば、「情報にあてられる」という行がある。

で、ずずずいーとスクロールしていくと、「言葉が強い人はフォローしない」というブロックもある。

ワシの脳内では、この二つが近しい関係にあるぞ、とビンビンにアラームが鳴っている。さて、どうする?

まずは近づける

とりあえず、まあ、移動しておこう。control + ↓を十数回押して、項目を下に追いやっていく。

設置完了。

そう、ここからなのじゃ。この二つが近しいことを言っているのはわかる。が、これをどう扱えばいいのかわからない。そういうことがアウトライナーを使っておるときにはよくあった。つまり、

こうしていいのか、

こうしていいのか、

はたまたこうしていいのかが、わからんのじゃ。

これらはどれも成立する。成立してしまう。それは、バケツの写真を撮る角度によって、円になったり長方形になったりするのと変わらん。どの切り口もまったく正しい。「正解」を探せばいいわけではない。だから、決められない。

今思えば、決められないのならそのままにしておけばよかったんだが、あのときのワシはまだ若かったんじゃよ。これらをどうにかこうにかまとめんといかんと思っておった、そしてそれができない自分に厭気がさしておった。完全な空回りじゃな。

何かしらの大きな指針が経たない限り、適切な構造を決めることはできない。構造が機能するかどうかは、その指針によって決まるからじゃ。

だから、そのときまでは自由に漂わせておけばよい。

これでいい。今はこれで十分じゃ。

▼こんな一冊も:

Scrapbox情報整理術