Scrapboxの用法

Scrapboxは「整理しない整理」

Zen-Arrangement

いや、もちろん整理はするのだ。

しかし、一般的に想定されているような「整理」ではない、という意味である。

整理しない整理。なんとなく禅問答っぽいイメージだ。

闖入者

先日、「倉下忠憲の発想工房」に一つのページを増やした。「WorkFlowyのバレットのHTMLとCSS」というページだ。

このプロジェクトは、私のアイデアメモ置き場なので、こうした技術系Tips記事はまったくなかった。異色と言えば異色、例外と言えば例外である。

でも、何の抵抗感もなく、あっさりとこのページは追加された。ストトーンってな具合に。

これがたとえばWordpressなら、間違いなく「この記事のカテゴリはどこか」で五分は悩むことになるだろう。既存のそれっぽいカテゴリに混ぜるか、それとも新規カテゴリを立てるか。立てるとしたらそれは「WorkFlowyの使い方」なのか「ツールのCSS大解剖」なのか。検討要素は多い。

しかし、Scrapboxでは単にページを作っただけだ。それでお終い。

強いていえば、そう強いて言えば、ページに「WorkFlowyのバレットのHTMLとCSS」というタイトルを着けたことと、文中のいくつかの単語をリンクにしたことが整理だと言える。

そう、それがScrapboxにおける整理なのである。

「いや、そんなの整理じゃないっしょ」という感想はあるだろう。だって、リンクをつけただけって、何にもかわってないじゃん、という感覚は理解できる。だからこそ、「整理しない整理」なのだ。

ページを作り、それっぽいタイトルをつけ、リンクを加えておく。それで完了の整理。

inboxとの対比

情報整理におけるinboxについて考えよう。

メモに習熟している人が知っているように、メモする際、内容の性質に合わせてツールを分けるのはうまく機能しない。つまり、タスクを思いついたらTodokingdom(架空)で、アイデアを思いついたらCatchTheFlash(架空)で、仕事のアイデアならRichPlanner(架空)で、というやり方はうまくいかない。自明なものは問題ないのだが、線引きが曖昧なものが出てきたときに困ることになり、だいたいは嫌になるからだ。

だから、先にカテゴライズせず、保存だけしてその後にinbox処理の時間を取って、適切に分類していく。多くの方が同意してくれるコツだろう。

その路線に乗っかり、さらに拡張すればこうなる。

「とりあえずinboxに保存し、そしてカテゴライズすらしない」

ラディカルだろうか。そうかもしれない。

でも、情報は見つかればなんだっていいのである。少なくとも、整理のレイヤーにおいては、そう言える。

言葉で見つかる

「じゃあ、その情報が必要になったら、どうするのさ?」

検索すればいい。

その情報が必要になったということは、「WorkFlowyのバレットのCSSってどういう形になっているんだっけ?」みたいなことを思いついた、ということだろう。だったら、それらのフレーズのどれかを検索ボックスに入れてやればいい。

Evernoteだと、きちんと全文検索してくれるので、結果非常に待たされるわけだが、Scrapboxはタイトルを対象にしたクイックリーな検索が検索ボックス内で行われるので非常に快適である。

正直なところ、自分で使っているScrapboxでは、検索ボックスより先に行くことはほとんどなく、だいたいはこの検索候補で必要な情報が見つかる。タイトルさえきちんとつけておけば──たとえば、先ほどのページを「アウトライナーのあれの消し方」とかしておくと、かなり見つけにくいだろう──、何も問題ない。そう、だからタイトルをつけることが整理になるのである。

また、本文中のWorkFlowyをリンクにしてあるので、なんなら「WorkFlowy」のページの関連からも探せる。

これは機能としてはタグなのだが、使っているときには「タグ付けしている」ような感覚は皆無である。

だからこそ、「整理しない整理」なのだ。

さいごに

Scrapboxには、ノートブックやフォルダのようなカテゴリ分けの装置が存在しない。だから、「カテゴリ外」の情報がいくらでも自由に配列できる。そして、それでもきちんと(だいたいは高速に)見つけられる、というのがすごいのである。

間違いなく、カテゴリ分けは、私たちの脳にスッキリ感をもたらしてくれるし、カテゴリ外の情報が絶対に入ってこない環境であれば一つのやり方ではあると思う。が、カテゴリを作らなくても、情報って見つけられるんだ、という地点から始まる情報整理もある。

それを示してくれたScrapboxに感謝である。

▼こんな一冊も:

Scrapbox情報整理術
Scrapbox情報整理術

posted with amazlet at 18.12.13
シーアンドアール研究所 (2018-08-16)
売り上げランキング: 10,718

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です