1-情報ツール考察

人は同じことを何度も思いつく

なぜなら同じ人間だから

先日、こんなツイートをしました。

コンテキストごとのリストでもなく、全タスクの一覧でもなく、デイリータスクリストを中心に据えたタスク管理ツールです。

とは言え、今原稿の追い込み作業真っ最中なので実際にコーディングを進める余裕はありません。とりあえず、Scrapboxにメモだけ保存しておこうとページを作りました。

当然のようにいくつかの言葉をリンクにして、関連ページを覗きます。

「ん?」

デイリーリスト中心のタスク管理ツール?

ありました。もうすでに思いついていました。六ヶ月前にそれをメモっていました。これまでのメモツールなら、高い確率で再会できなかったこの二つのメモが、ここで融合したわけです。

でもって、六ヶ月前のメモを読んでみると、今回思いついたものとは少し違ったことが書いてあります。今回のものは、このWordpressのように、さまざまなパーツから一つのページ(デイリータスクリスト)が作成される感じですが、六ヶ月前のメモは、プロジェクトリストからドラッグすると、その項目がデイリータスクリストに埋め込まれるイメージです。

どちらも良さそうですね。

最終的にこのツールを自分で書くことになるのかはわかりませんが、「アイデアが育った」ということだけは言えそうです。

人間というのは、一秒一秒で違う存在です。一日経てば、ニューロンが形成するネットワークは、前日のそれとは異なるでしょう。かといって、まったくの別人になるというわけではなく、自分という主体が持つ関心事は似ています。つまり、同じだけれども、違うのです。

だから、六ヶ月前の自分と、今の自分は、似た対象に興味を持ちながら、違うアイデアを出します。それを融合させると、アイデアが育つのです。

アイデアメモツールの大切な要件の一つは、それを可能にすることでしょう。

▼こんな一冊も:

Scrapbox情報整理術
Scrapbox情報整理術

posted with amazlet at 18.12.15
シーアンドアール研究所 (2018-08-16)
売り上げランキング: 6,037
Evernoteとアナログノートによる ハイブリッド発想術
技術評論社 (2017-05-29)
売り上げランキング: 186,368

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です