物書き生活と道具箱

読み終えた本をしばらくそばに置いておく

世の中の人がどうしているのかはわからないが、読み終えた本は、直後に本棚にしまうのではなく、いったん机のそばに置いておくようにしている。

そこには「あとで書評でも書こう」という気持ちがあり、「できれば読書メモを作りたい」という気持ちもある。なんにせよ、何かしらその本に対してワンアクションしたい気持ちがあるわけだ。だからというのでもないが、そこに置かれる本は、それなりに面白かった本である。すべての本というわけではない。が、最近読む本はだいたいどれも「それなりに面白い本」以上の評価となるので、だいたいの本がそうなる。でもって、書評とか読書メモ作りとかは、頻繁に行うものではないので、机の周りには本が溜まっていく。これはもうどうしようもない。

でもまあ、そこに本があり、折に触れて目に入る、という点は重要である。そして、その「折」のタイミングで、ふと振り返ってみるのだ。あの本には何が書かれていて、著者は何を言いたかったのか、と。

忘却曲線を導入すれば、定期的に(やや間隔を空けて)振り返ることは、脳に刻み込むことに有効である。だから、読了後に時間を置く、そして振り返る。うまく思い出せないなら、手にとってパラパラとめくってみる。そういうとき、ドッグイヤーしていたり赤線を引いていたりするとなかなか効率が良い。要点をすぐに掴まえられる。そういう機動性の高さがアナログブックの特性であるのは言う間でもない。

そんなことをしていると、少しずつ本が自分の中に染みこんでいく。本当にじわりじわりとであるが、自分の人生にその本が刻まれるようになってくる。

とは言え、これは学術的な本の読み方ではない。一文一文を精読して、掘り下げて行くような研究的読書ではない。むしろ、知識のフィールドを散策する、知的散歩的読書である。旅行に行き、写真を撮り、その写真を振り返るような読書。楽しみのための、いや、より楽しむための読書スタイル。そういうものである。

でもまあ、悪いことは言わないが、本は時間をおいて二度以上手に取るのが良い。面白いと思った本なら、なおさらである。

▼こんな一冊も:

ソーシャル時代のハイブリッド読書術
C&R研究所 (2016-04-21)
売り上げランキング: 146,254

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です