君はEvernoteでcommand + j を使っているか?

Evernote for Mac のお話です。

最近私は、サイドバーを非表示にして使っているのですが、ほとんど不便はありません。そもそも使用するノートブックが単一になりつつあるのに加えて、タグなどへの移動が command + j でできるからです。

この状態でテキストを入力したら、符合する「ノート」「ノートブック」「タグ」が提案されて、目的のものに一気にジャンプできます。MacのSpotlightに雰囲気が似ていますね。

で、ノートブックの移動は、ノートリストの上部から行えるので、

このcommand + j は主にタグへのジャンプに使っています。

たとえば、「アイデア」と入力すると、合致する候補が提示されるので、そこから選択すればOK、というわけです。

とは言え、前方完全一致ですし、結果が爆速で表示されるわけでもないので、Scrapboxほど使い勝手が良いというわけではありませんが、それでも、いちいちタグリストから選択しなくて良いのは快適です。加えて、何もテキストを入力していない状態では、よく使われる項目が表示されるので、簡易のショートカットのようにも使えます。

ちなみに、移動した後に、元のノートリストに戻りたい場合は、command + [ でOKです。ノートを移動していた場合でも、何度か押せば元の状態に戻れます。

▼こんな一冊も:

Evernote豆技50選 (Espresso Books)
倉下忠憲 (2015-03-29)
売り上げランキング: 686
タグ:

コメントを残す