時事ニュース

「孤独」の質を高める

いつのころからだろうか、「孤独」というのがマイナスのイメージで語られるようになったのは。
おそらく技術力の進歩で、携帯やインターネットが身近になってきてからなような気がする。
だが、基本的に人間というものは一人である。

一人であるからこそ「つながり」というものの価値がある。もし薄っぺらいつながりだけに四六時中浸っていたとしたら、「つながり」が持つ大切さを見失うかもしれない。

質の良い「つながり」を持つための条件は、自分の質を高める、ということだ。つながりたい何かがあるからこそ、ほかの誰かがつながりを求めてくれる。

人間が「孤独」である時間は、自らの質を高めるために使うべきものだと思う。

 
 人は何かの代償無しには、何も得ることができない。 何かを得るためにはそれと等価の代償が必要である 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です