告知

ポッドキャスト第七回はタスク管理とアウトライナーについて

というわけで、うちあわせCastの第七回を収録しました。

第七回:Tak.さんとタスク管理とアウトライナー by うちあわせCast • A podcast on Anchor

すいません。今回は話が盛り上がって1時間を若干超えております。ロングフォームです。でも、それに見合うくらいには面白いと思いますのでぜひどうぞ。

そもそもの話のきっかけは、「WorkFlowyでバレットジャーナル」で書いたように、WorkFlowyでのシステムが良い感じに仕上がりそうなので、だったら普段からタスク管理をアウトライナーで行われているTak.さんの話を聞かせてもらおうと思ってスタートしたのですが、終わってみれば、見事にDynalistを使うようになっていました。

何を言っているのかちょっとわかんないかと思いますが、聴いてもらえれば納得されるかと思います。なんと言っても、途中に出てくる、command + o のジャンプが素晴らしいのです。

私は長年アウトライナーを使っていて、あるズームした項目にいるときに、別のズームした項目(いとこ項目)に移動するのに手順が必要なことが億劫に感じていました。「それ」があるのはわかっているのです。でも、そこに一瞬でたどり着けない。そうすると、「情報の行き来」がしにくくなります。

でも、command + o でそれが悠然とできるようになりました。非常に快適です。

あと、まったく気がついていなかったのですが、以前までは、メインのアウトライン画面からサイドのドキュメント管理欄にドラッグしても何も起こらなかった気がするのですが、現状はアウトラインの移動が可能になっています。その逆もしかりです。ということは、「すべてが見出しである」の状態に限りなく近づいた、ということです。

そうなると、WorkFlowyとの差異はあんまりなくなってくる、ような気がしますね。まあ、まったく同じとはさすがに言えませんが。

というわけで、昨日からDynalsit使いになっております。ついでに、いくつかカスタマイズもしました。

Dynalsitの右上のツールアイコンを隠す – 倉下忠憲の発想工房

唯一、WorkFlowyと比べて引っかかるのは、サイトのfaviconが若干青すぎることくらいでしょうか。WorkFlowyは私ごのみの紺色なのですが、Dynalistはキラキラ光る系の青なので、その点だけが引っかかります。それもまあ、慣れなのかもしれませんが。

▼こんな一冊も:

「やること地獄」を終わらせるタスク管理「超」入門 (星海社新書)
倉下 忠憲
講談社
売り上げランキング: 27,756

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です