アウトライナーで遊ぼう

デイリーページに書き留めたものたちの扱い

inboxをなくし、とりあえず思いついたことをその日のページ(≒項目)に書き留める方式を採用した場合、日々のデイリーページには、さまざまな思いつきが残ることになる。実行されるべき行動、つまりタスク以外の情報が残留していく。

これらはいかに扱えるだろうか。

放置

まず、そのまま放置する手がある。デイリーページに格納されたままの情報は、たまたまその言葉を含む検索が行われたときにだけ目に触れるようになる。

半分だけ捨てるような形。あるいは、量子的廃棄。

捨てているようであって、捨てていない。そんな状態である。

マーキング

何か特別な記号を添える手もある。うちあわせCast第七回でTak.さんが紹介されていた方法だ。

あるいは、#idea, #important などのハッシュタグを付ける手もある。

どちらも閲覧の動作は似ているが、ハッシュタグの方がタグのクリックで検索結果に飛べる利点はある。

一方で、その視覚的情報が持つ意味が重くなりすぎる(=鬱陶しく感じられる)、というデメリットにも留意しておきたい。また、ハッシュタグを使い始めると、ついついさまざまに分類したくなる誘惑と抗わなくてはいけないという別の課題もあるだろう。

なぜ分類したくなってはいけないのか? 数が増えたら覚えておけなくなるからだ。そこで新しいゲームが始まってしまう。ここでやりたいのは、そういうゲームではないので、できるだけ数を限定させる(多くても4つまで)ことをオススメしておく。

移動

もちろん、デイリーページから項目を移動させることもできる。

ブログ/wiki

それが輪郭線を持つひとまとまりの情報なら、アウトライナーから別のツールに移してもいい。たとえばブログ、たとえばwiki(今ならScrapbox)。

以下のページは、Dynalsitに書き留めたメモを(ほぼ)転記したものだ。

2019年5月チャレダンLV.10 – Kurashita’s Object Collection

誰の役に立つかはわからないが、この情報はこれでひとかたまりであるし、追記や修正はあるにせよ大きな構造変化は起きそうにない。切り出して十分だ。

Holdings

もちろん、輪郭線がはっきり定まるものばかりではない。そうしたものは、依然としてアウトライナーに留めておくことになるだろう。

たとえばその場所は、上位に配置している項目、というのがありえる。Webサイトやブログでも、時系列とは別にトップページに「これが今熱い記事!」みたいなオススメが表示されることがあるだろう。あれと同じだ。

今の自分が、未来の自分にオススメしておく場所。「これは定期的に注目しておきたい」と思った情報を集めておく場所。そういう場所に移動させる手がある。

ネタ帳

一方で、そうしてHoldingsにどんどん突っ込んでいくとやがてその場所は肥大化していき、閲覧性が悪くなる。重要度が下がったものは、捨てるなりさらに別の場所に移動させた方が良さそうだ。

というわけで、忘れたくないけれども「最重要項目」ではないものを集めて置く場所を作ってみてもいいだろう。いわゆる「ネタ帳」というのがその役割に近いのではないかと思う。

さいごに

上記のようにいろいろな扱い方があるのだが、全体としてはどう運用したらいいだろうか。

私は、記号 + Holdings形式が良いのではないかと考えている。デイリーの中で少しでも気に留めたいことはまず何かしらの記号(たとえば★)を付けておく。で、それを定期的に見返すようにする。そうして見返す中で気になる度が減らない、ないし高まるものはHolindに移動させる。そういう形である。もちろん、特別に気になるもの(たとえば仕事のプロジェクトなど)は最初からHoldingsに移動させてもいいだろう。

さらにそこに、キーワード型のハッシュタグを付与してもいい。つまり以下のような記述スタイルだ。

これで記号方向・キーワード検索方向・キーワードハッシュタグ方向から、情報を拾えるようになる。

さすがにScrapboxのように縦横無尽に言葉をリンクにするのは面倒だが、項目全体に一つのリンクを含める程度なら大した手間ではないだろう。また、多重の方向からアプローチできるので、リンクが一つあればそれで十分に機能するのではないだろうか。

今のところは、そんなことを考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です